娘に捧げるセレナーデ 「子育てと資産運用編」

まだロスカットされてないの?

カテゴリ: 節税

paypayに続き、
LINE Payも20%還元キャンペーン
来ましたね!

阪急など百貨店で使えるのは嬉しい企画!

東京電力、九州電力管内にお住まいの方は電気料金も20%オフ対象!!

photo
photo 
「Payトク」対象店舗の例

 

「LINE Pay」で、支払額の20%をLINE Payの残高として還元する「Payトク」キャンペーンが始まります。

LINE Payは12月14日、モバイル決済サービス「LINE Pay」で、支払額の20%をLINE Payの残高として還元する「Payトク」キャンペーンを発表しました。期間は同日から31日まで。

news-node6054-1

  (1)ローソンやファミリーマートなど対応店舗での「コード支払い」、

(2)ZOZOTOWNなどのオンラインショッピングでの支払い、

(3)請求書支払い

――を利用すると、支払額の20%を還元するとしています。

還元額の上限は5000円。

酒やたばこ、書籍などの一部商品、税金の支払いは対象外となっています。

IMG_20181214_185157

「LINE Pay」は全国の「ローソン」「ファミリーマート」のほか、「和民」「白木屋」「笑笑」「金の蔵」などの居酒屋チェーン、百貨店、カラオケなどで利用可能。また、「ZOZOTOWN」などECサイトでも利用できます。

キャンペーン参加には事前の申し込みは不要。買い物時に「LINE Pay」の「コード支払い」、オンライン決済、「請求書支払い」のいずれかで支払うと、20%の残高が還元されます。

定常的に実施している「マイカラー」所定のポイント、2019年7月末までの「コード支払い」に+3%上乗せキャンペーン、その他実施中のキャンペーンもあわせて利用可能という。

 同様の取り組みでは、ヤフーとソフトバンクが共同出資するPayPayが、支払い額の20%か、最大10分の1の確率で全額を還元するキャンペーンを12月4日にスタート。

還元率の高さから注目を集め、わずか10日間で用意した100億円の予算を使い果たし、13日夜に終了しました。

今回のLINE Payのキャンペーンは、paypayの企画と比べると

「全還元はない」

「還元額の上限が5000円と低い」

など異なる点も多いですが、還元総額による「打ち切り」はなく「期間中いつでも20%の還元が受けられる」特徴があります。


今後もモバイル決済サービス関連の話題で盛り上がりそうですね。

使えるものは使いましょう!

開催していたpaypayキャンペーンはこちらです♪


ふるさと納税還元率40%の「Amazonギフト券」がお得!

少し前までAmazonギフト券がふるさと納税で返礼品として提供されていたのですが、さすがに総務省に厳重注意されたのか終わったのかな? と思っていましたが「裏メニュー」復活しています!

furu2

ふるなびAmazonギフト券40%返礼

またまた「週末限定」らしいですが。。。

↓話題になった「裏メニュー」ニュース↓


「闇」とか「裏」メニューとか言われて注目を浴びて、さすがに金券での高還元返礼は終わったか?と思っていたので、申込できなかった方も再度チャンス到来はラッキーです!

いつ無くなってもおかしくない商品ですのでホントお早めにどうぞ!

ちなみに、筆者もここに納税し、手元に40%のAmazonギフト券が届きましたよ!

 

この高還元金券のふるさと納税の取り扱いは

ふるさと納税サイト「ふるなび」 です!


少し前までは和歌山県高野町が日本旅行ギフトカードを出品していましたが

”今は静岡県小山町の返礼率40%のアマゾンギフト券が超お得商品ですね!

言ってみればこれ、総務省的にはダメなやつですよねw

指導や注意を受けて、週明けには申込できなくなっているでしょうね。

だって、他の市町村に納税するより絶対お得ですからね。

furu2



納税金額は細かく設定されているので、少しだけ納税とかまとめてドカンと納税とか色々と選択が可能です!

まだ納税に余裕のある方は、すぐに申し込みしておきましょう!

静岡県 小山町、最後の追い込みをみせてますよね〜。総務省もびっくり!!


和歌山県 高野町への納税はこちらから。「ふるなび」

納税リンクまとめておきます。最低2万円代から納税可能のようです。

細かい金額設定が消費者目線でかなりありがたい!

ふるなびのシミュレーター で限度額を計算して納税しましょう!

2万円
3万円
4万円
5万円
10万円
50万円
100万円

「期間限定」なので本当にお早めに…!。こんな商品出せるのも今年だけですよね。

ではでは。ふるさと納税はお早めに。よい週末をどうぞ♪



ふるさと納税還元率50%の「日本旅行ギフトカード」

少し前までAmazonギフト券がふるさと納税で返礼品として提供されていたのですが、さすがに総務省に厳重注意されたのか終わったようですね。

裏メニューってニュースになってましたね!


さすがに金券での高還元返礼は終わったか?と思ったら
あれ?…またまた出現していますよ!
furu2


この高還元金券のふるさと納税の取り扱いは

ふるさと納税サイト「ふるなび」 です!

今回のは、はっきり言って、本当に「超お得」です!

だって、その気になれば金券ショップで。。。。。


先月のAmazonギフト返礼の静岡県小山町に続き、今度は和歌山県高野町が、日本旅行ギフトカードを出品中です!

びっくり!なんと還元率は50%です!高還元過ぎて驚きです!

言ってみればこれ、これはダメなやつですよねw

furu1
和歌山県高野町やふるさとに行こう!日本旅行ギフトカード


【期間限定】とあるので、また週末だけの限定商品の可能性大です。

まだ納税に余裕のかる方は、すぐに申し込みしておきましょう!

和歌山県 高野町、最後の追い込みみせてますよね〜。総務省もびっくり!


和歌山県 高野町への納税はこちらから。「ふるなび」

納税リンクまとめておきます。最低2万円からのようですね!

細かい金額設定が消費者目線でかなりありがたい!

ふるなびのシミュレーター で限度額を計算して納税しましょう!

2万円
3万円
4万円
5万円
10万円
50万円
100万円

「期間限定」なので本当にお早めに…!。こんな商品出せるのも今年だけですよね。


ではでは。ふるさと納税はお早めにどうぞ!


ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。
手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。
多くの自治体では地域の名産品などのお礼の品も用意! 寄附金の「使い道」が指定でき、お礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

ふるさと納税の魅力!主に4つ!


 その1.お礼の品がもらえる

日本各地の名産品を楽しめるのも、ふるさと納税の魅力のひとつです。多くの自治体では寄附への感謝として、地域の名産品などを「お礼の品」にして寄附者に届けています。自治体にとっては「お礼の品」を通じて、地域の名産品や産業を全国の人に知ってもらえる貴重な機会にもなっています。
tax1


その2.税金が控除(還付)される
ふるさと納税では控除上限額内で寄附を行うと、合計寄附額から2,000円を引いた額について、所得税と住民税から控除(還付)を受けることができます。(控除上限額は収入や家族構成によって異なりますのでご注意ください。)
 tax2

その3.応援したい自治体に寄附ができる
生まれ故郷でなくても、あなたが好きな自治体に寄附できるのがふるさと納税。寄附先の数や金額、回数に上限はなく、ご自身の控除上限額内であれば、実質2,000円の負担で複数の地域を応援できます。
tax3

その4.寄附金の使い道を指定できる
ふるさと納税では、寄附金を自治体がどのように使用するのか、その用途を選択することができます。寄附金の使い道の観点から、寄附先の自治体を選ぶこともできます。
 tax4


ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は、自分の選んだ自治体に寄附を行うと、控除上限額内の2,000円を越える部分について税金が控除されます。税金控除を受けるためには、「確定申告」をするか「ワンストップ特例制度」の適用に関する申請が必要です。

tax5

「ワンストップ特例制度」

かんたん便利な「ワンストップ特例制度」なら確定申告不要で税金控除が受けられます。
ワンストップ特例制度は、年間の寄附先が5自治体までなら、確定申告をしなくても、寄附金控除が受けられる仕組みです。申請書を寄附した自治体に送ることで、控除上限額内で寄附した合計寄附額のうち2,000円を差し引いた額が、住民税から全額控除されます。
ワンストップ特例制度の流れ

 tax
みなさんもふるさと納税でお得な制度を利用して、自分にあった手続き方法を選び税金控除の手続きを行いましょう!

ふるなび はこちら!

↑このページのトップヘ