【メキシコペソ、まだ利益確定してないの?】

78top

こんにちは😄

FXコア・サテライト戦略(スワップ投資+為替差益)で月100万円の不労所得源構築を目指す管理人、ジラフです

世界的な新型コロナウイルス肺炎の感染の広がりが嫌気され、マーケットへの影響も出てきました。先週の利下げ発表後も堅調な推移となったメキシコペソ円は、2/20に約一年3か月ぶりとなる高値、6円を超えたものの、ドル高ペソ安・ドル高円安が進み5.904円で週の取引を終えています。
ドルが強くペソは弱い印象でしたが、節目となる6円で利確された方、ボラティリティの大きさを利用して利益出された方も多かったかもしれませんね。

管理人のメキシコペソの運用は78週(2020年に入り8週目)が経過しました。
今回は以下のトピックで記事を構成しています。

・全保有通貨の運用実績(累計)

運用実績(週計)

・メキシコペソ テクニカル分析

「FXコア・サテライト戦略」概要とマイルール

管理人は「スワップ投資」と、「短期売買による裁量トレード」を組み合わせて資産を運用しています。これは<守り><攻め>を組み合わせた戦略であり「FXコア・サテライト戦略」と呼んでいます。

fxcoresatelite

「FXコア・サテライト戦略」とは、資産全体をコア(中核)とサテライト(衛星)部分に分けて運用する手法でポートフォリオを組む際に有効になってくる考え方をFXに応用したものです。

運用戦略はこれまでの記事で細かく触れておりますが、新規で当ブログに訪問してくださる方もいらっしゃいますので今後は戦略の詳細を別記事でお伝えしたいと思っています。更新をお待ち頂けると幸いです。

「コア・サテライト戦略」メキシコペソ運用実績 第78週目(2020年8週目)

管理人の運用スタイルをFXコア・サテライト戦略と称し、ポジションの一部をスワップ運用そして一部を裁量トレードによって利益を狙っています。
今週は、週半ばのレート上昇時に大きめの利確もしています。別記事を作成したので読んで下さった方もいらっしゃるかもしれませんね。

(補足ですが、この時に利確したのは227万円でそのうち為替差益は179.6万円、スワップは48.2万円(週次報告で計上済み)です。)

78週間かかって現在のポジション構成に至っておりますが、ポジションを図に表すと以下のようになります。(球の大きさがロットサイズを表しています。横軸は時間の経過、右側ほど若いポジションで、週の終値を赤字で示しています。)
すこし分かり辛いですが、先週比で縦玉が減っています。
78koretop
口座の建玉を見たときに、表面的な区別はみえませんが自分の中では
①短期的に差益を狙うサテライトポジション
②長期的にスワップ(そして場合によっては差益)を狙うコアポジションに分けています。

具体的には上図の①は3週間ほど前に建てた玉ですが主に差益を、最悪の場合でもスワップをもらって建値+αで撤退するポジション。
②は今後の値動きにもよりますが、基本的にはスワップを稼ぐポジションです。
今週は含み益が大きく乗っていた②のポジションを250ロット利確したため大きな為替差益も獲得しています。しっかりと目的を分けることで、資金管理も着実に行うことができています。

◇全保有通貨と運用実績◇ 

今週の大きな出来事としてはやはりメキシコペソが6.01円まで上昇したことでしょう。残念ながらその後はテクニカル・ファンダメンタルズ要因によって調整されています。
管理人は、コアと位置付けたポジションの一部(250ロット)を5.96円で利確しており保有量は減少、現在
メキシコペソ/円を850ロングしています。

lot78

◆運用成績の全体像◆

今週までの運用実績(78週累計)は下の記表のとおりです。
ruikei78

運用78週(1年6か月)が経過し、保有通貨全体のスワップは累計329万円を突破。
利確差益は累計543万円(先週比+204万円)に達し、「スワップ+差益」は累計870万円となっています。
スワップ投資での成績累計=329万円、裁量取引での累計成績=543万円 で利益累計をグラフにすると下記のようになります。

利確累計(為替差益)の分は週ごとに大きく異なりますが、特に今週は大きく増加しました。スワップに関しては積み重ねの単調なグラフです。
やっていることは以前から変わっておらず、
1、スワップをもらえる方向にポジションを持つ
2、そして差益がでてきたポジションは利確する
3、裁量取引も併用
これだけです。

ただ、78週間継続したことが相場の値動きとも相まって累計額が大きくなってきています。
為替の値動きは上下を繰り返しますが、運用を継続することで資産が大きな雪だるまになってくれると信じたいですね。

all78

今週の運用状況◆

今週(78週)の増減のみまとめたものが以下の表になります。参考として数週間分の実績も載せています。
78ruikei-2

7桁になっているので勘違いしそうですが、オレンジの枠内が”今週”の実績です。つまりこれは管理人の「”週間”不労所得」およびその内訳となります。(FX≒非労働所得≒不労所得としております)

表のようにメキシコペソ+αのポジションで78,520円のスワップ、そして裁量取引で2,040,000円を得たためスワップ+為替差益では合計 2,118,520円の収入を得ることができました。

裁量トレードで200万というと驚きますが、ポジションを持ってから約半年が経過していますので、俗にいうスイングトレードに分類されるかもしれませんね。自分の運用戦略で説明すると、コア戦略のポジションが成熟したため収穫ということです。

1週間で211万円!

すごく大きな金額です。我が家の家計1年分の支出が200万円ほどですので、それを上回る金額をこの1週間で稼いでしまいました。しかも
稼いだのは、”お金”自身。管理人はお金の管理(といっても大方スマホでポチポチしているだけですが)をしているだけなのでお金が管理者の労働力を超える対価を生み出していることから、自分にとっても家計にとってもパラダイムシフトが起きたようなインパクトがあります。

以前に(【57週】記事で)触れたことがあるのですが、積み上げた資産を運用することで得られるリターン(return)は経済成長(growth)を背景とした労働所得の伸びを上回るというトマ・ピケティ氏の主張が思い出されます。
blance0


◎運用の課題
・スワップ単価の減少
・利確と買い増しのタイミング
・トレンドの見極め
といったところです。

今週までの損益をグラフ化すると以下のようになります。
78-1
含み益が大きくなったためコア(スワップ狙いの)ポジションも利確しましたので青マーカーの建玉損益が減って、水色マーカーの利確累計額が増加してます。

メキシコペソの45週(7月)頃からの値動きは以下のように推移となっています。
78c

メキシコペソ運用の口座全体としては以下のような状況です。
先週比でスワップ・利確累計が増加、含み益は減少しました。
78-2
これまでのところ、FXコア・サテライト戦略をメキシコペソで実践していることで資産は増えて来ています。

的確な資金管理によってリスクは自身で設定・変更できる部分もあるので、運用方針や相場の値動きに応じて適切な采配を振れるように、今後も金融・資産運用リテラシー、テクニカル・ファンダ分析力を向上させていきます。
今回の新型肺炎が影響を与える相場も、資産運用していく上での経験値をあげてくれるものと信じて立回って行きます。

◇利用している証券会社◇

「FXコア・サテライト戦略」の実施にあたっても、個人的には証券会社選択の基準は特に変わらず、スワップ単価、スプレッド、指値注文の仕様を大事に考えます。

特にスワップ単価については、運用の主軸がそこに依存していることもあり、重要視しています。

①管理人がメキシコペソの運用でメインで利用させて頂いている証券会社は、
セントラル短資FXです。この一年間は国内で最もメキシコペソ運用にとって有利でかつメキシコペソに力を入れている会社という認識です。
非常に大事な部分なのですが、管理人はスワップポイント、スプレッド、取り扱い通貨など幾つかの特徴をもとに証券会社を選んでいます。セントラル短資FXは現在スワップが比較的高い水準であることに加えて、0.2銭という狭いスプレッドを提供して下さっていること、そして0.1pips離れていれば指値注文が可能という仕様で、FX取引環境を提供してくださり、そのお陰で管理人はメキシコペソ裁量取引で毎月利益を出すことができています。
2か月連続で月100万円の不労所得を得ることができたのもセン短さんのお陰です^^/

どこか一つだけ証券会社を選んでメキシコペソを運用するのなら、長い目でみて「
セントラル短資FX」を利用します。
以下のバナー広告から無料口座開設が出来ます↓

FXダイレクトプラス

トレイダーズ証券 Light FXさんは、初心者にも大変使いやすいトレード環境を提供してくださっているのと、期間限定キャンペーンの中で高スワップを提供してくださっていたため恩恵を沢山受けました。現在もそのままポジションを置いています。今後の高スワップ提供に期待しています
メキシコペソ用に口座が複数あると、複数のキャンペーンに参加出来たり、資金管理にも非常有効になりますので、自分は複数の口座でメキシコペソを運用しています😁
高金利通貨は自国の問題以外でも過度に売り込まれることかあり、メキシコペソはトルコリラや南アランドの下落に巻き込まれる事もあります。自己防衛のためにも1通貨1口座、1通貨複数口座を心がけています。利確しないポジションに関してはスワップに対して非課税という点もトレイダーズ証券 Light FXのメリット&特徴ですね。

以下のバナー広告から無料口座開設が出来ます↓

LIGHT FX

米ドル/メキシコペソ テクニカルな視点 #USDMXN

メキシコペソの運用は対円だけではなく、対ドルの動きが非常に重要です。
メキシコペソは対米ドルとの相関性が強く、米ドルの値動きに連動するような特徴があります。なぜなら、輸入の約46%、輸出の約80%を米国が占めているためメキシコ経済はアメリカ経済の影響を大きく受けるからです。

#USDMXN 日足 テクニカル分析
223a
慣れないものの、何もしないと上達しないのでテクニカルにチャート分析を行ってみました。

昨年8月末を起点とする落下ウェッジはまだ壊れてはいないため、不安定ながらも戻りの速さを考えると下降トレンド継続中とも受け止められますが、比較的大きな出来高を伴って上昇していることからトレンド転換の始まりとも伺うことができそうです。
仮に19ペソ代にしっかりと入り三角形の内側に戻ると、トップサイドのブレイクアウトに火がつき上昇への動きにつながる可能性があるためキャリートレーダーは注意が必要ではないでしょうか。

前月の運用実績(2020年1月)

先月1月は、2か月連続で単月100万円超えを達成できました^^/
202001t
2020年1月の運用実績の詳細はこちらからどうぞ 

大きな失敗をしない限りは、今月も単月100万円超えを報告できそうです。

◇まとめ◇

◎今週は、現在継続中の運用戦略において過去最大の利確を行いました。メキシコペソ5.2円台250ロットというお宝ポジションがなくなった寂しい気持ちがありますが、それ以上に大きな利益を取ることができた喜びの気持ちが強いです。
◎自分の場合は、利確したことの反省よりも利確しそびれたことの反省が多いので、このあたりをもっと改善していきたいと思います。
◎引き続き、メキシコペソはトレンドの動向と、新型肺炎の影響による値動き、そして大統領選に関するトランプ大統領や要人の発言に気を付けていきたいですね。

【現在の運用状況まとめ】

○運用期間:78週経過

○投資元本:約880万円


○保有量:MXN 850万、他通貨

○スワップ:3,292,134円(累計)

○利確差益:5,424,063円(累計)

○評価損益:11,612,419円(含み益 3,321,000円含)

◎「高金利通貨でスワップ運用は無理」という意見もありますが、メキシコペソは工夫次第の運用で利益を出せる通貨だと思っています。

◇育児覚え書き◇

来月は2歳になります。最近、「ママすごいじゃん。ママ上手~!」「となりのおじさんがカニ(の入った水槽を)を、うんしょ、うんしょってもってきて見せてくれたのー」など周りを見たり体験したことの感想を言うようになってきたので「パパだめじゃん」と言われないようにしなきゃね^^;
三語とか四語文ていうのかな?そして「これなーに」に続いて「なんで~?」という質問も。
昨日、今日、明日といった時間の概念を話して教えていますよ。

保育園で2歳児の様子をみている影響でしょうか、イヤイヤ言うことも増えてきました^^;

それではまた^^/

------

当ブログは日本ブログ村の「メキシコペソ」に登録しております。よろしければどれかお一つポチっと応援お願いします^^m(_ _)m 一緒にメキシコペソ投資を盛り上げていきましょう!💪

 にほんブログ村 為替ブログ メキシコペソへ  にほんブログ村 為替ブログ メキシコペソへ  にほんブログ村 為替ブログ メキシコペソへ
   By  日本ブログ村

-----