【メキシコペソ、まだロスカットされてないの?】

top76
こんにちは。
メキシコペソ一筋!FXコア・サテライト戦略(スワップ投資+為替差益)で月100万円の不労所得源構築を目指す管理人、ジラフです


メキシコペソ運用の人気が継続中のようですね。
かの有名な
為替王さまもブログでFXメキシコペソについて触れていらっしゃいました。
kawaseoh

みんなのリピート、管理人は利用していませんがこの運用をされてらっしゃる方に思い当たる節があります。素晴らしい成績ですね。

さて、管理人のメキシコペソの運用は76週(2020年に入り6週目)が経過しました。

少し遅れていますが、先週(2/3-2/8)の実績をまとめましたので報告させて頂きます。
前週に続き新型コロナウイルスの感染拡大が嫌気され、株安・円高・リスクオフの展開に傾いていましたが春節明けとなった先週は、
中国当局による大量の流動性の供給が、世界市場の混乱緩和に効果発揮した値動きとなりました😷

今回の記事のトピックは以下の通りです。

・全保有通貨の運用実績(累計)

運用実績(週計)

高スワップを狙う運用戦略

「FXコア・サテライト戦略」;運用方針とマイルール(スワップ用)

◇運用方針
管理人は「スワップ投資」と、「短期売買による裁量トレード」を組み合わせて資産を運用しています。これは<守り><攻め>を組み合わせた戦略であり「FXコア・サテライト戦略」と呼んでいます。

corestelite

これまでのコア・サテライト戦略運用実績は以下のようになっています。

コア戦略⇔左のグラフ
サテライト戦略⇔右のグラフ です。
個々に試算を増やすことができていますが、同時に両方の戦略を回す事が可能です(^o^)
satelite68

「FXコア・サテライト戦略」とは、資産全体をコア(中核)とサテライト(衛星)部分に分けて運用する手法でポートフォリオを組む際に有効になってくる考え方をFXに応用したものです。

運用のコア=【守り】 メキシコペソ/円などの政策金利差によるスワップ利益を狙う
サテライト=【攻め】 為替差益・裁量取引(スイング~スキャルピング~デイトレ)で利益を狙う

(FXの本質から考えた場合、為替差益の獲得こそコアであるというご指摘を受けそうですが、現在の管理人の手法はスワップをコアに位置付けています。)

「FXコア・サテライト戦略」はきっとこんな方に向いています^^  注目すべきはだれにでも出来きる点です!

・スワップを貯めるだけの運用では物足りない
・スワップ運用以上のリターンを求めたい
・裁量取引だけで資産を増やすことができていない
・資産運用はバランスが大切だと思っている
・複数口座を持っている
・ロングだけでなくショートでも利益を出したい

「FXコア・サテライト戦略」に向いている証券会社はどこ?

・基本的にはどこの証券会社でも戦略の実行は可能ですが、より効率を求めるのであれば意識すべきポイントがありますので、本記事の後半「証券会社はどこ?」で触れていきたい思います。

コア戦略(スワッ)プ運用のマイルール

ルール① 「ロスカットされない」、「資金管理(必要なら損切り)をしっかり」

◇ルール② レートが急落したタイミングなどでまとめて買いポジションを増やす

ルール③ 取得平均より高いポジションは、レート上昇時に決済し平均を下げる

ルール④ 大きな目標を達成するために、適宜ルールと達成目標を見直す 

いまのところ、①~④全てのルールに従って運用を遂行しています。

サテライト戦略のマイルール(裁量用)

【64週】の報告でサテライト戦略(裁量取引)のマイルールに触れておりますので、興味ある方こちらから先週の記事をご覧ください^^o

簡単にまとめると、メキシコペソ/円で値幅狭くロット多めの裁量取引、逆指値併用、ショートが比較的多め、といった内容です。‌

「コア・サテライト戦略」メキシコペソ運用実績 第76週目(2020年6週目)

管理人の運用スタイルをFXコア・サテライト戦略と称し、一部をスワップ運用そして一部を裁量トレードで利益を狙っています。
76週間かかって現在のポジションに至っておりますが、ポジションを図に表すと以下のようになります。(球の大きさがロットサイズを表しています。横軸は時間の経過、右側ほど若いポジションです)
coresatelitenow
口座の建玉を見たときに、表面的には分かりづらいですが、自分の中では
①約320ロットの(短期的に差益を狙う)サテライト
②約880ロットの長期的にスワップ(そして場合によっては差益)を狙うコアポジションに分けています。

①は先週建てた玉ですが主に差益を、最悪の場合でもスワップをもらって建値撤退するポジション。
②は今後の値動きにもよりますが、基本的にはスワップを稼ぐポジションです。
先週末の終値が5.846円ですので、、現在はすべて含み益の状態のポジションを保有しています。このようにしっかりと目的を分けることで、資金管理も着実に行うことが可能になります。

◇全保有通貨と運用実績◇ 

前週にコア(スワップ狙い)の位置づけのポジションを買い増ししていました。
中国当局による大量の流動性供給の影響もあって、ペソ円レートは上昇し買い増したポジションは含み益となったため一部利確していますが、現在の保有量はメキシコペソ/円1200ロット、他通貨少々となっています。

前述のとおり、建値が高いものは短期差益狙い(建値撤退予定)を考えています。
lot76

◆運用成績の全体像◆

今週までの運用実績(76週累計)は下記表のとおりです。
ruikei76

運用76週(1年5か月)が経過し、保有通貨全体のスワップは累計312万円を突破。
利確差益は累計331万円に達し、「スワップ+差益」は累計644万円となっています。

スワップ投資での成績累計=312万円

裁量取引での累計成績=331万円 です。

利益累計をグラフにすると下記のようになります。

利確累計(為替差益)の分は週ごとに大きく異なりますが、スワップに関しては積み重ねの単調なグラフです。ただ、76週間継続していることもあって累計額が大きくなってきています。
同じような運用をされてらっしゃる方ならお分かりかもしれませんが、買い増しや利確のタイミングが悩みのポイントのひとつです。

all76

今週の運用状況◆

今週(76週)の増減のみまとめたものが以下の表になります。参考として数週間分の実績も載せています。
76ruikei-2

週間実績ですので、つまりこれは管理人の「”週間”不労所得」とその内訳になります。

表のようにメキシコペソ+αのポジションで93,200円のスワップ、そして裁量取引で265,550円を得たためスワップ+為替差益では合計 358,750円の週入を得ることができました。

新型肺炎で影響があるかと予想し差益狙いで週末にショートを入れていましたが、中国当局の介入もあって値動きが逆行、結果的に損切を何度かして不本意な週でしたがトータルでは稼ぐことができました。

〈サテライト戦略実績〉(恥ずかしいのでフィルターかけてます^^;)
毎回、セントラル短期FXでの裁量取引が多くなっています😄。これには秩序ある理由があるのですが、何故かお分かりになりますか👀?!

Screenshot_20200208_134157

47

min6


◎運用の課題
・スワップ単価の減少
・買い増しのタイミング
・損切りの判断
といったところです。

今週までの損益をグラフ化すると以下のようになります。
76-1
ウイルスの感染拡大が嫌気された値動きから買い戻しも入って前
週末5.742円から先週末の5.846円まで回復したため評価損益も回復。
短期保有の予定ですが先週買い増しした事も功を征しており過去最高値を記録しています。

口座全体としては以下のような状況です。
先週比でスワップ・利確累計は増加、含み益も増加しました。
76-2
これまでのところ、FXコア・サテライト戦略をメキシコペソで実践していることで資産は増えて来ています。

Screenshot_20200211_135520


Screenshot_20200211_135830


Screenshot_20200211_140155

Screenshot_20200211_140246

的確な資金管理によってリスクは自身で設定・変更できる部分もあるので、運用方針や相場の値動きに応じて適切な采配を振れるように、今後も金融・資産運用リテラシー、テクニカル・ファンダ分析力を向上させていきます。
今回の新型肺炎が影響を与える相場も、資産運用していく上ではきっとためになる経験になってくれると信じて立回って行きます。

◇利用している証券会社◇

「FXコア・サテライト戦略」の実施にあたっても、個人的には証券会社選択の基準は特に変わらず、スワップ、スプレッド、指値注文の仕様を大事に考えます。

①管理人がメキシコペソの運用で主に利用させて頂いている証券会社は、
セントラル短資FXです。
この一年間は国内で最もメキシコペソ運用にとって有利でかつ
メキシコペソに力を入れている会社という認識です。
非常に大事な部分なのですが、管理人はスワップポイント、スプレッド、取り扱い通貨など幾つかの特徴をもとに証券会社を選んでいます。セントラル短資FXは現在スワップが比較的高い水準であることに加えて、0.2銭という狭いスプレッドを提供して下さっていること、そして数pipsの狭い値幅であっても指値注文が可能という仕様で、FX取引環境を提供してくださり、そのお陰で管理人のメキシコペソ裁量取引は相当有利になっていました!
2か月連続で月100万円の不労所得を得ることができたのもセン短さんのお陰です^^/

どこか一つだけ証券会社を選んでメキシコペソを運用するのなら、長い目でみて「
セントラル短資FX」を利用します。
以下のバナー広告から無料口座開設が出来ます↓

FXダイレクトプラス

トレイダーズ証券 Light FXさんは、初心者にも大変使いやすいトレード環境を提供してくださっているのと、期間限定キャンペーンの中で高スワップを提供してくださっていたため恩恵を沢山受けました。現在もそのままポジションを置いています。今後の高スワップ提供に期待しています
メキシコペソ用に口座が複数あると、複数のキャンペーンに参加出来たり、資金管理にも非常有効になりますので、自分は複数の口座でメキシコペソを運用しています😁
高金利通貨は自国の問題以外でも過度に売り込まれることかあり、メキシコペソはトルコリラや南アランドの下落に巻き込まれる事もあります。自己防衛のためにも1通貨1口座、1通貨複数口座を心がけています。利確しないポジションに関してはスワップに対して非課税という点もトレイダーズ証券 Light FXのメリット&特徴ですね。

以下のバナー広告から無料口座開設が出来ます↓

LIGHT FX

高スワップを狙う戦略

昨年末から複数の証券会社でメキシコペソのスワップが減額となりました。
この影響を受けて、管理人のスワップ収入も減っています。


当ブログでは、「コア・サテライト戦略」と称してスワップ+裁量取引による運用を行っていますが、ブログをご覧の方の中には「スワップ投資」のみを行ってらっしゃる方も沢山いらっしゃってスワップ減額のダメージを受けていると思われます。

そこで、付与されるスワップ自体が減ってしまった場合に自ら可能な対応方法を考えてみました。

対策① スワップの高い通貨に乗り換える
対策② スワップの高い通貨の新規のポジションを増やす
対策③ メキシコペソの保有量を増やし、受取りスワップ額を保つ
対策④ スワップの高い証券会社に乗り換える
対策⑤ スワップの高い新規ポジションを増やす
対策⑥ サテライト戦略を強化し、裁量取引による利益拡大を目指す

すぐに思いつくのは、上記の6つ。
一番難易度が低くて、手っとり早いのは、④、⑤あたりではないでしょうか。

スワップの高い証券会社に乗り換え、スワップの高い新規ポジションを増やす!

そのようなことを考えると現在、FXプライムByGMO社はメキシコペソスワップを「13~15円」と国内最高レベルで提供していますので短期でも利用できると恩恵に預かることができそうです。
FXプライムbyGMO 
各社がスワップポイントを下げている中で、メキシコペソ高スワップを維持していることから現在は会社としてメキシコペソに力を入れていることが伺われます。

そこで、管理人は今後FXプライムByGMO社での新規メキシコペソポジションの拡大を行っていくことを戦略に混ぜていく予定です。

実は、同じことを考えてらっしゃる投資家さんが沢山いらっしゃいますね。
要するに、こういう事です。
""現在使っている証券会社のメキシコペソスワップが減額となったため、より高いスワップを提供しているところに引っ越そう。""

基本的には、管理人も同じ考えです。ただし、FXプライムByGMO社のペソスプレッドは現在キャンペーン中ですが0.9銭(通常1.9銭と広め)であるため、通常の買い増し等で利用するのではなく、大きな変動や急落時などスプレッ0.9銭が無視できるようなタイミングで、買い増しする口座として利用していきたいと考えています。

実際、現在の新型肺炎の影響でリスクオフの展開になった時に、少しだけポジションを増やしており、利益も出て毎日約14円のスワップをもらっています。今後何かしらの理由でペソレートが大きく下落することがあれば、今後も
FXプライムByGMOで買い増ししていきたい考えです。

(なお、相場急変時には各社スプレッドが大きく開きますが、2019/1/3のフラッシュ・クラッシュ時にFXプライムでは他社ほどにスプレッドの広がりはなかったという報告を複数見かけました)
furakura
ドル円での評価となっていますが、他社はスプレッドが大きく広がったようです。
維持率低めで運用している場合、スプレッドの広がりによってロスカットレートに到達してしまう、なんていうことも実際に起きています。怖いですね。

もともと、コスト平均法や定期積み立ての戦略ではなく、急落時にまとめてポジションを増やすというのが管理人の運用スタイルですので、高スワップが付与されるFXプライムで買い増しすることができれば、他社でのスワップ減額を救済できる可能性があると考えています。

注意する点は、FXプライムが提供するメキシコペソスワップが減額となる可能性もないわけではないと言うことですが、その場合には他社あるいは現行の証券会社でポジションを増やせば良いだけですので、先ずはいつでも大きく買い増しできるように口座開設して入金できる準備をしておきたいところです。

今回の新型ウイルスの拡大で一時リスクオフの展開になりましたが、管理人はFXプライム社のポジションを増やす事ができたため、事前に準備していた介があったと考えています。
Screenshot_20200211_153302

スワップ減額対策をお考えの方は、FXプライムByGMO社に口座開設し高スワップの恩恵を受ける作戦を立ててみてはいかがでしょうか。

なお、現在FXプライムByGMO社では、新規口座開設などいくつかキャンペーン実施中です。
詳細な仕様を確認したい方は、こちら↓のバナーから、口座開設やキャンペーン詳細の確認が可能です。
 
FXプライムbyGMO 

参考までにFXプライムのメキシコペソのスワップ(1月)を抜粋しました。
prime

前月の運用実績(2020年1月)

先月1月は、2か月連続で単月100万円超えを達成できました^^/
202001t
2020年1月の運用実績の詳細はこちらからどうぞ 

◇まとめ◇

◎週次報告が遅くなってしまったので簡略化しますが、引き続き新型肺炎が為替に及ぼす影響を注意深くみていきたいと思います。
◎いまのところは昨年8月末からの上昇トレンドは継続中です。13日にメキシコ中銀による政策金利発表があるので上か下へ動きがあるかもしれません。

【現在の運用状況まとめ】

○運用期間:76週経過

○投資元本:約880万円


○保有量:MXN 1200万、他通貨

○スワップ:3,123,594円(累計)

○利確差益:3,319,563円(累計)

○評価損益:10,311,389円(含み益 4,302,000円含)

◎「高金利通貨でスワップ運用は無理」と言われることもありますが、メキシコペソは工夫次第で利益を出せると思っています。

◇育児覚え書き◇

風邪やインフルエンザ、新型肺炎の感染が拡大しているので娘の外出は極力控えています。
気になるようですが「みんなしてるからー」とマスク付けてくれて有難いですが、早く春が来てほしいですね。

IMG_20200209_130652
最近の口癖「なにしてるのー」「これなーに」という好奇心が結構好きです笑

では、今週はこの辺で^^/

------

当ブログは日本ブログ村の「メキシコペソ」に登録しております。よろしければどれかお一つポチっと応援お願いします^^m(_ _)m 一緒にメキシコペソ投資を盛り上げていきましょう!💪

 にほんブログ村 為替ブログ メキシコペソへ  にほんブログ村 為替ブログ メキシコペソへ  にほんブログ村 為替ブログ メキシコペソへ
   By  日本ブログ村

-----