【メキシコペソ、まだロスカットされてないの?】

65top1


こんにちは∞(^^)∞

「為替差益+スワップ投資」で月80万円の不労所得を目指す管理人、ジラフです。

当ブログでは毎週メキシコペソ/円を中心に取引しているFX運用実績を報告しています。

さて、今週の為替相場も米中貿易協議・合意をめぐる報道やトランプ大統領の発言に振り回される展開でしたね。さらにメキシコペソは原油の値動きやUSMCA批准の進展に関するニュースなどでも為替レートが変動していました。

週の終値としては先週比マイナス約5銭と、この2週間で10銭(0.1円)の値下がりとなりました。

冒頭のスライドに記入しておりますが、今週の不労所得は134,634円でした!

以下の通り、
運用実績の詳細をお伝えしていきますね(^^)/



・全保有通貨の運用実績(累計)*

運用実績(週計)*

(*メインはメキシコペソ/円の実績ですが、他の通貨の実績も掲載しています)

「FXコア・サテライト戦略」;運用方針とマイルール(スワップ用)

◇運用方針
管理人は「スワップ投資」と、「短期売買による裁量トレード」を組み合わせて資産を運用しています。

これは<守り><攻め>を組み合わせた戦略であり「FXコア・サテライト戦略」と呼んでいきます。

corestelite



「FXコア・サテライト戦略」とは、資産全体をコア(中核)とサテライト(衛星)部分に分けて運用する手法でポートフォリオを組む際に有効になってくる考え方をFXに応用したものです。

運用の中核となるコアの部分は「守り」を、そして非中核部分であるサテライト部分では「攻め」の役割を担います。
具体的には、コア部分はリスクを抑えながら中長期で安定的に運用し、サテライトの部分は相対的にリスクを取って高リターンを目指していきます。

すなわち、当ブログのコア・サテライト戦略とは、コア部分は長期的な投資目的に合致した「スワップ投資」で運用を行い、一方のサテライト部分では、コア部分との相関性が低くかつ高いリターンが期待できるアクティブ型の運用、つまり裁量取引によって為替差益を狙い資産を増やす運用を指しています。

運用のコア=【守り】 メキシコペソ/円などの政策金利差によるスワップ利益を狙う
サテライト=【攻め】 為替差益・裁量取引(スイング~スキャルピング~デイトレ)で利益を狙う

現在管理人はコア:サテライトを約7:3の配分で資金を回しています。常時固定ではなく為替レートや大きなトレンドに準じて配分の調整を行っています。

含み損ありきの運用を許容できる方であれば自動売買をこの戦略に加えることで、労力の効率化が図れるかも知れません。


◎高金利通貨FXコア・サテライト戦略の大きな特徴
高金利通貨でFXコア・サテライト戦略を行うことによって期待できる特徴として、「サテライト(攻め)」のポジションでも攻撃と同時に「コア」の利点を受け取りながら運用できるという大きなメリットが存在します。

わかりやすく言いますと、スワップ狙いのコア運用ではなく為替差益狙いのサテライトの場合であっても買い(ロング)ポジションの場合は、決済までの保有期間に対してスワップを受け取ることができるということです。サテライトでありながら時には(日を跨いで保有した場合には)コアの目的も
達成します。””美味しい戦略””とも呼べそうですね。

ただし、差益狙いのサテライト戦略で売り(ショート)ポジションを保有した場合は、マイナススワップによって運用効率が落ちてしまうということには注意が必要です。



「FXコア・サテライト戦略」はこんな方に向いています^^

・スワップを貯めるだけの運用では物足りない
・スワップ運用以上のリターンを求めたい
・裁量取引だけで資産を増やすことができていない
・資産運用はバランスが大切だと思っている
・複数口座を持っている

「FXコア・サテライト戦略」に向いている証券会社はどこ?

・基本的にはどこの証券会社でも戦略の実行は可能ですが、より効率を求めるのであれば意識すべきポイントがありますので、本記事の後半「証券会社はどこ?」で触れていきたい思います。



以下スワップ運用のマイルールを簡単にご紹介します。

ルール①
「ロスカットされない」、「資金管理(必要なら損切り)をしっかり」やる

ルール②
レートが急落したタイミングなどでまとめて買いポジションを増す


ルール③
目標を達成するために、適宜ルールを見直す。
現在ステージ2 「月80万円の不労所得」を得ることを達成目標としています。
ステージ3では「月100万円の不労所得」を得ることを目標にしたいと思っています。

マイルール(裁量用)

先週【64週】の報告で触れておりますので、興味ある方はこちらから先週の記事をご覧ください^^o

「スワップ+差益」運用実績 第65週目

◇全保有通貨と運用実績◇ 

ここからは運用成績の報告となります。

現在保有している通貨量は以下の通りです。

メキシコペソ/円 約1,050ロット
他通貨 α ロット 

lotof64


運用開始時は口座資金20万円、メキシコペソ10ロットからスタートしました。階的に増え現在は約1,000ロット(1,000万通貨)を保有しています。


lot1050


メキシコペソ1,000ロット全てがスワップ狙いの長期ポジションというわけではなくて、「FXコア・サテライト戦略」の下で資金を効率的に活用したいとの考えから、長期的視点でスワップ狙いのポジションと、短期的な為替差益狙いのポジションとに分けて保有しているため、保有量は随時変わっています。

ある程度含み益が乗ったところで一部のポジションに関しては利確する考えで、そのタイミングを狙っています。実際には少し先になりそうですが。


◆運用成績の全体像◆
今週までの運用実績(累計)を下記の表にまとめました。

ruikei_65_


運用65週が経過し、保有通貨全体のスワップは累計215万円を突破しました。
また、ブログ開始時から集計している利確差益は累計134万円に達し、「スワップ+差益」は累計350万円となっています。

為替差益の金額に週差はありますが、スワップは保有通貨量にほぼ比例して付与され、結果的には順調に受取額が増えてきました。
利益累計をグラフにすると下記のようになります。

totalSwap65_


言い方を変えると、これは今までにどのくらいの不労所得を得たのかを示すグラフです(^^)

自分が時間を売ってその労働の対価として賃金を受け取ったものではなく、全て手持ちのお金に働いて貰うことで約350万円の非労働所得を得ることができました。

特に大きな変動や問題がない限りは、今後も不労所得は継続していきそうです。


◆今週の運用状況◆

今週(65週)の増減のみをまとめたものが以下の表になります。

tsuki_ruikei_65_

これは管理人の「週間不労所得」とその内訳ということになりますが、メキシコペソでは1,050Lot×平均スワップ単価13.44円で一日たり14,100円のスワップを貰えています。

また、今週はスワップと為替差益とで、134,643円の週入となりました
スワップは約10万円を得ましたが、米中貿易協議のヘッドラインの影響を受け短期ポジションを損切り。ナイマス43,000のダメージを受けました(トータルでは31,980円の為替差益)。イタタタタ。。

お金に働いて貰うという作り上げたい仕組みの中核(スワップ=コア)が出来上がってきているので、そこに為替差益(サテライトの利益)を上載せすることでより上手く資産を増やしたいと思っています。

今週までの損益をグラフ化すると以下のようになります。


soneki65_1

スワップや利確累計は増えましたが2週連続でペソ円レートが下落したため青色の建玉含み益減少しています。
赤色の折れ線グラフの推移が示すように、評価損益は約527万円となりました。

→いま、メキシコペソ円をすべて決済した場合は200万円の含み益が手に入るので、既に受け取っているスワップと差益を合わせると、投資元本のほかに527万円が手元に残りますが、スワップ運用は再スタートが必要になります。

→このまま建て玉を保有し続けた場合、1日約14,000円のスワップを受け取り続けることができます。
(実際にはスワップの変動や為替レート変動に伴う損益の増減が付随します。)

「FXコア・サテライト戦略」の内容・配分を適宜調整しながら、効率よく資産を活用していきたいと思います。

口座全体としては以下のようにな状況です。

soneki65_2


取得平均が現在の為替レートより低く含み益があるため、精神的な負担が少ない心境の中でお金に働いて貰うことが出来ています。

しかしながら、為替相場は上がったり下がったりを繰り返しますので一時的な含み益に現を抜かすことなく、含み益を上手く利確して自分のものとし複利で資産を回せるように工夫していくのが課題ですね。いつ利確するのか、その利益を次にいつ再投入するのか。

高金利通貨国であるメキシコと日本との政策金利の差異を利用した「スワップ投資」、
主に差金決済による通貨売買での「為替差益」の取得、この二つをレバレッジをかけて同時に行っているのが当ブログ管理人の運用スタイル「FXコア・サテライト戦略」です。

リスクは自身で設定・変更できる部分もあるので、自分の方針や相場の値動きに応じて適切な采配を振れるように、今後も金融・資産運用リテラシー、テクニカル・ファンダ分析力を向上させていきます。

管理人は、一時的な含み益を得るためだけに運用をするのではなくて、自分のためにお金を働かせることで継続してお金が入ってくる仕組みを今後も維持・拡大させていきたいと考えています。


◇証券会社はどこ?◇

◆時々質問を受けますが、証券会社はlここを使ってます^^◆

「FXコア・サテライト戦略」の実施にあたっても、個人的には証券会社選択の基準は特に変わらず、スワップ、スプレッド、指値注文の仕様を大事に考えます。

管理人がメキシコペソの運用で主に利用させて頂いている証券会社は、セントラル短資FXです。

非常に大事な部分なのですが、スワップポイント、スプレッド、取り扱い通貨など幾つかの特徴をもとに証券会社を選んでいます。

セントラル短資FXは現在スワップが国内最高水準であることに加えて、0.2銭という狭いスプレッドを提供して下さっていること、そして数pipsの狭い値幅であっても指値注文が可能という仕様で、FX取引環境を提供してくださっており、そのお陰で管理人のメキシコペソ裁量取引は相当有利になりました!


月40万円の不労所得源を作ることができたのもセン短さんの高スワップのお陰です^^/

 
以下のバナー広告から無料口座開設が出来ます↓

FXダイレクトプラス


トレイダーズ証券 Light FXさんも、現在期間限定キャンペーン中でスワップが高く現在国内最高レベルとなっています。
現在値よりレートが一定以上離れたところでないと指値による売買ができない仕様のため、そこが残念に思いますが、チャートを見ているのであれば成り行き注文で代用可能です。

管理人もトレイダーズ証券 Light FXで高いスワップの恩恵を受けて現在も利用中です。

以下のバナー広告から無料口座開設が出来ます↓

LIGHT FX


◇まとめ◇

◎2019年も残すところあと6週間。今年はしっかり資産を増やして終えることができるように、残りの営業日気を引き締めて臨みたいところ。年末年始はポジション調整や薄商いなどもありレートが不安定に動きやすいこと、そしてスワップポイントも不安定に変動する可能性があることを念頭においておきます。

◎いまのところ、年末年始に備えてポジションを減らすといったことは考えていませんがそれも為替レートの変動次第でしょうか。とはいえ、備えあれば憂いなし、入金はしておきます^^g





【現在の運用状況】

○運用期間:65週経過

○証拠金:上図参照


○保有量:MXN 約1000万、他通貨

○スワップ:2,156,114円(累計)

○利確差益:1,348,603円(累計)

○評価損益:5,274,956円(含み益 2,000,100円含)



◇育児覚え書き◇


今日は掃除の合間に公園で滑り台とブランコ、どんぐり拾い。
自分でも幼少期には拾っていたかも知れないけど、子供ってなんでどんぐり拾うんでしょ?
どんぐりは英語はacorn(エイコーン)。娘の絵本に載ってました^^
"acorn"は"ak"+"orn"

 "ak"は"oak"の古語。

"orn"は"ornament"の略という説もあるとか。
ドングリの何がornamentなのかというと、形から小さなクリスマスツリーを連想したらしい。
言われると確かに格好は似てる。もうそんな季節ですね♪。

掃除で出た不要なものをメルカリ出品。3分で売れて夕方クロネコヤマトさんに集荷お願いしたのですが、送料はこちら持ちのはずなのに配送料取られずに発送できた。はじめてのメルカリで仕組み理解してないけど、商品-手数料-送料の差額を受け取れるのかな。。

ではまた \(^o^)。
次の記事でお会いしましょう。


------

当ブログは日本ブログ村の「メキシコペソ」に登録しております。よろしければポチっと応援お願いします^^m(_ _)m

 にほんブログ村 為替ブログ メキシコペソへ   By  日本ブログ村

-----