【メキシコペソ、まだロスカットされてないの?】

64top

はじめに、お詫びですが記事が長くなってしまいました。必要な所だけお読みください😋


こんにちは∞(^^)∞

「為替差益+スワップ投資」で月80万円の不労所得を目指す管理人、ジラフです。

当ブログでは毎週メキシコペソ/円を中心に取引しているFX運用実績を報告しています。

今週はなんと!!、
かずちか@疲れしらずのパパブロガー (@Kazu_writer) さんと、ハコ♡物販&デザイナー(@_hako514)さんがTwitter紹介コラボレーション企画の一環として、当ブログと管理人ジラフを紹介してくださいました!!



嬉しいキャッチコピーとアイキャッチ画像を作成して下さったお二人に感謝致します^^
魅力的な雰囲気と感性をお持ちのお二人のTwitterぜひ覗いてみてください^^


さて、今週のメキシコペソは原油価格の変動、メキシコ政策金利発表や米中貿易協議・合意をめぐる報道、ブレグジット関連の情報、USMCA批准の進展に関するニュースなどが為替変動の要因となりました。
週の終値としては先週比マイナス約4銭となっています。
このところ上昇基調だったメキシコペソ円も週の半ばに急落しましたが、金曜日に一気に半分ほど値を戻したところで取引を終えています。

管理人も、このレートの下落と上昇に乗って短期為替差益狙いの売買をしております。

冒頭のスライドに記入しておりますが、今週の不労所得は186,241円でした!

以下の通り、
運用実績の詳細をお伝えしていきますね(^^)/



・メキシコペソで「FXコア・サテライト戦略」

・全保有通貨の運用実績(累計)*

運用実績(週計)*

(*メインはメキシコペソ/円の実績ですが、他の通貨の実績も掲載しています)

なぜメキシコペソでスワップ運用を始めたの?

管理人が、スワップ運用を始めた理由のひとつは、「ラットレースから抜け出さないと、いつになっても経済的自由は手に入らない」と言う事を、現実的な問題として意識したからです。(FXの他にもリスクの低い資産の運用やっています)。

裁量取引のFXは少しだけ経験があったのですが、当初スワップを主体としたFXの手法というのは詳しく知りませんでした。
2018年夏、仲の良い先輩が「トルコリラ金利高いし、毎日スワップが貰えるんだ!しかも今恐らくレートは底値!これからは上がる可能性が高いぞ!」と教えて下さり、高金利通貨の魅力に魅かれ、スワップシミュレーションをやっていたちょうどその頃、あのトルコリラショックが起こりました。

トルコリラの暴落的な値動きを目の当たりにしてこれは初心者には危険過ぎない!? という事で、南アフリカランドの特徴なども調べました。しかしランドにはそこまで魅かれず、米国との関係も強いメキシコペソに魅かれるものを感じてスワップ投資を開始することに決めました。

最初は資金20万円で10ロット保有するところからスタート。そう、64週間前の2018年8月のことです。

「FXコア・サテライト戦略」;運用方針とマイルール(スワップ用)

◇運用方針
管理人は「スワップ投資」と、「短期売買による裁量トレード」を組み合わせて資産を運用しています。

これは<守り><攻め>を組み合わせた戦略であり「FXコア・サテライト戦略」と呼んでいきたいと思います。

corestelite



「FXコア・サテライト戦略」とは、資産全体をコア(中核)とサテライト(衛星)部分に分けて運用する手法でポートフォリオを組む際に有効になってくる考え方をFXに応用したものです。

運用の中核となるコアの部分は「守り」を、そして非中核部分であるサテライト部分では「攻め」の役割を担います。
具体的には、コア部分はリスクを抑えながら中長期で安定的に運用し、サテライトの部分は相対的にリスクを取って高リターンを目指していきます。

すなわち、当ブログのコア・サテライト戦略とは、コア部分は長期的な投資目的に合致した「スワップ投資」で運用を行い、一方のサテライト部分では、コア部分との相関性が低くかつハイリターンが期待できるアクティブ型の運用、つまり裁量取引によって為替差益を狙い資産を増やす運用を指しています。

運用のコア=【守り】 メキシコペソ/円などの政策金利差によるスワップ利益を狙う
サテライト=【攻め】 為替差益・裁量取引(スイング~スキャルピング~デイトレ)で利益を狙う

現在管理人はコア:サテライトを約7:3の配分で資金を回しています。常時固定ではなく為替レートや大きなトレンドに準じて配分の調整を行っています。

含み損ありきの運用を許容できる方であれば自動売買をこの戦略に加えることで、労力の効率化が図れるかも知れません。


◎高金利通貨FXコア・サテライト戦略の大きな特徴
高金利通貨でFXコア・サテライト戦略を行うことによって期待できる特徴として、「サテライト(攻め)」のポジションでも攻撃と同時に「コア」の利点を受け取りながら運用できるという大きなメリットが存在します。

わかりやすく言いますと、スワップ狙いのコア運用ではなく為替差益狙いのサテライトの場合であっても買い(ロング)ポジションの場合は、決済までの保有期間に対してスワップを受け取ることができるということです。サテライトでありながら時には(日を跨いで保有した場合には)コアの目的も
達成します。””美味しい戦略””とも呼べそうですね。

ただし、差益狙いのサテライト戦略で売り(ショート)ポジションを保有した場合は、マイナススワップによって運用効率が落ちてしまうということには注意が必要です。



「FXコア・サテライト戦略」はこんな方に向いています^^

・スワップを貯めるだけの運用では物足りない
・スワップ運用以上のリターンを求めたい
・裁量取引だけで資産を増やすことができていない
・資産運用はバランスが大切だと思っている
・複数口座を持っている

「FXコア・サテライト戦略」に向いている証券会社はどこ?

・基本的にはどこの証券会社でも戦略の実行は可能ですが、より効率を求めるのであれば意識すべきポイントがありますので、本記事の後半「証券会社はどこ?」で触れていきたい思います。



以下スワップ運用のマイルールを簡単にご紹介します。

ルール①
「ロスカットされない」、「資金管理(必要なら損切り)をしっかり」やる

ルール②
レートが急落したタイミングなどでまとめて買いポジションを増す
→急落時にはどこまで下がるのか分からないという不安要素があり、その中で買い増ししていくのは勇気が必要ですが、最大でどの程度ポジションを増やせるのかを念頭に置いています。

スワップ重視の長期運用のための建玉と、為替差益狙いの短期用建玉に目的を分けて保有・決済しています。なお、定期買い付けや定期積立、コスト平均法は行っていません。
長期建て玉はスワップを貰いながら差益も取れるような買い増し方を念頭に置いています
(短期建て玉はスキャルピング~デイトレの位置づけです)

ルール③
目標を達成するために、適宜ルールを見直す。
現在ステージ2 「月80万円の不労所得」を得ることを達成目標としています。
ステージ3では「月100万円の不労所得」を得ることを目標にしたいと思っています。

マイルール(裁量用)


先日、ブログコメントやTwitterメッセージで「為替差益を狙うときのマイルール」に関して質問を頂きました。

question

為替差益狙いの裁量取引のマイルールについては、これまでブログに書いておりませんでしたので、良くも悪くも、どなたかの参考になれば幸いに思いますので(テクニカル分析も未熟な自分のようなものが大それたことを、と恐縮に思うところはありますが)触れてみたいと思います。ルールというか手法ですね。

最近メキシコペソのスプレッドが0.2銭程度と狭くなったので可能な方法ですので、スプレッドが未だ広い南アランドやトルコリラでは通用しない手法だと思います^^;

 

マイルール ~メキシコペソ裁量取引はこんな感じでスキャルピングとデイトレをやってます~

①裁量取引は短時間での勝負を考えているため、チャートを見ていられる余裕のある時にポジションを取るようにしています。狭い範囲でも指値が可能なセントラル短資FXで短期売買することが殆どです。トレイダーズ証券(みんなのFXやLIGHT FX)では狭いレートの指値注文ができない仕様となっています。


差益狙いの売買は、ほとんどがメキシコペソ/円です。既にロングポジションは沢山保有していますのでこれ以上証拠金維持率が上がってしまうロングの頻度は少なめです。ショートが多めです。ショートポジションを取ると、両建ての状態になりますがロングよりもロット数を少なめにすることで証拠金維持率の上昇は防ぐことが可能です。
通貨ごとに特有の値動きがあると感じており、先ずは本命メキシコペソをしっかり追いたいため、収益化効率が落ちている可能性はありますが、メキシコペソ/円以外は殆ど取引していません。余裕資金があっても、それはメキシコペソに費やしたい考えです。

③本来裁量取引は、恐らくドル、ユーロ、ポンドなど主要通貨で行う方がテクニカル、ファンダ共に情報も多く売買しやすいとは思いますが、一口座一通貨での取引で安全対策を心がけているのと、証拠金維持率の関係もあってメキシコペソ/円で勝負しています。
もともと運用の方針がスワップメインであり、短期裁量取引による利益は補佐的に考えています。 

④トレンドは上位足とファンダメンタルズから把握、時間足は週足、日足、短期足色々参考にしますが特に、4時間、1時間、15分、5分でしょうか。節操がないのですが指値、成行両方使ってスキャルピング~デイトレをしています。

⑤メキシコペソ円と同時に値動きを追っているのが米ドルメキシコペソ(重要)USDMXNです。ドル、ユーロ、最近はポンドの動きも合わせて見ています。

⑥スワップ狙いで現在1,000ロット保有(ロング)していますが、差益狙いでは自信を持てる時にレンジの上限や下限付近、あるいはレジスタンスライン近辺で逆張りを狙って入ることが多いです。1回で20ロット~100ロット張り、値幅は0.5~1.0pipsを利確の目安にしています。
ロット多め値幅少な目が現在のスタンスです。

⑦逆行した時に損切りしますので、ダメージを減らすために 短期売買用ポジションの最大量はメインポジションの3割(300ロット)を超えてはならないと決めて、通常は100ロットを上限に考えています。

⑧数pipsを取っていく勝負をしていますので(時には日を跨ぎますが)保有時間は数分~数時間が多いと思います。

⑨差益狙いで無理は絶対にしないよう心がけています。1週間で1000円しか取れないなども時々ありますが先ずは負けないことを重要視しています。 

⑩何pips取ったのか重視する方もいらっしゃいますが、自分はまだ短期売買の技量がないので、全く気にしません。
 


◎もっと良いルールや手法がありましたら、参考にさせて頂きたいので是非コメントかメッセージお願いします

「スワップ+差益」運用実績 第64週目

◇全保有通貨と運用実績◇ 

ここからは運用成績の報告をさせていただきます。

現在の保有ポジションは以下の通りです。 一部週を跨いで保有しているポジションがありますが計上していません。

メキシコペソ/円 約1,050ロット
他通貨 α ロット 

lotof64


運用開始時はメキシコペソ10ロットからスタートしましたが、段階的に増え現在は約1,000ロット(1,000万通貨)を保有しています。

lotof64keika


メキシコペソ1,000ロット全てがスワップ狙いの長期ポジションというわけではなくて、「FXコア・サテライト戦略」の下で資金を効率的に活用したいとの考えから、長期的視点でスワップ狙いのポジションと、短期的な為替差益狙いのポジションとに分けて保有しているため、保有量は随時変わっています。

含み益が大きくなって来たため現在一部のポジションに関しては、利確のタイミングを狙っています。
また大きく買い増しする余力はありますが、実際には少し先になりそうです。


◆運用成績の全体像◆
今週までの運用実績(累計)を下記の表にまとめました。

64posi1


運用64週が経過し、保有通貨全体のスワップは累計205万円を突破しました。
また、ブログ開始時から集計している利確差益は累計131万円に達し、「スワップ+差益」は累計337万円となっています。

為替差益の金額に週差はありますが、スワップは保有通貨量にほぼ比例して付与され、結果的には順調に受取額が増えてきました。戦略であるコアとサテライトが各々上手く回っているのではないかと考察しています。
利益累計をグラフにすると下記のようになります。

64-22

言い方を変えると、これは今までにどのくらいの不労所得を得たのかを示すグラフです(^^)
自分が時間を売ってその労働の対価として賃金を受け取ったものではなく、全て手持ちのお金に働いて貰うことで337万円の非労働所得を得ることができました。

特に大きな問題がない限りは、今後も不労所得は継続していきます。


◆今週の運用状況◆

今週(64週)の増減のみをまとめたものが以下の表になります。

64posi2

これは管理人の「週間不労所得」とその内訳ということになります。

今週はスワップと為替差益とで、1週間で186,241円の収入となりました

お金に働いて貰うという作り上げたい仕組みの土台(スワップ)が出来上がってきて、そこに為替差益を上載せすることで上手く資産を増やすことが出来ています。

今週までの損益をグラフ化すると以下のようになります。


64_1-1


スワップや利確累計は増えました。ただし先週末に比べペソ円レートが下落したため青色の建玉含み益減少しました。
赤色の折れ線グラフの推移が示すように、資産運用としては上手く回せており評価損益は約570万円を超えている状況です。
(運用スタイルが「スワップ+為替差益」運用といっても、グラフから分かるように為替差益による利益と含み益の合計(青+水色)は、スワップ累計(ピンク色)よりも2倍以上多くなっています。
建て玉利益は未だ利確していないので”幻”の状態ですが、例えスワップ狙いの運用だとしても、取得平均を下げて為替差益も同時に狙っていく方が、かなり効率的に資産を増やせる可能性があることが分かると思います。)

→いま、メキシコペソ円をすべて決済した場合は255万円の含み益が手に入るので、既に受け取っているスワップと差益を合わせると、投資元本のほかに570万円が手元に残りますが、スワップ運用は再スタートが必要になります。

→このまま建て玉を保有し続けた場合、1日約13,000円のスワップを受け取り続けることができます。
(実際にはスワップの変動や為替レート変動に伴う損益の増減が付随します。)

「FXコア・サテライト戦略」の内容・配分を適宜調整しながら、効率よく資産を活用していきたいと思います。

口座全体として以下のようになっています。

64_2-1


取得平均が現在の為替レートより低く含み益があるため、精神的な負担が少ない心境の中でお金に働いて貰うことが出来ています。

しかしながら、為替相場は上がったり下がったりを繰り返しますので一時的な含み益に現を抜かすことなく、含み益を上手く利確して自分のものとし複利で資産を回せるように工夫していくのが課題ですね。いつ利確するのか、その利益を次にいつ再投入するのか。

高金利通貨国であるメキシコと日本との政策金利の差異を利用した「スワップ投資」、
主に差金決済による通貨売買での「為替差益」の取得、この二つをレバレッジをかけて同時に行っているのが当ブログ管理人の運用スタイル「FXコア・サテライト戦略」です(同じスタイルの方も沢山いらっしゃいます)

リスクは自身で設定・変更できる部分もあるので、自分の方針や相場の値動きに応じて適切な采配を振れるように、今後も金融・資産運用リテラシー、テクニカル・ファンダ分析力を向上させていきます。

管理人は、一時的な含み益を得るためだけに運用をするのではなくて、自分のためにお金を働かせることで継続してお金が入ってくる仕組みを今後も維持・拡大させていきたいと考えています。


◇証券会社はどこ?◇

◆時々質問を受けますが、証券会社はlここを使ってます^^◆

「FXコア・サテライト戦略」の実施にあたっても、個人的には証券会社選択の基準は特に変わらず、スワップ、スプレッド、指値注文の仕様を大事に考えます。

管理人がメキシコペソの運用で主に利用させて頂いている証券会社は、セントラル短資FXです。

非常に大事な部分なのですが、スワップポイント、スプレッド、取り扱い通貨など幾つかの特徴をもとに証券会社を選んでいます。

セントラル短資FXは現在スワップが国内最高水準であることに加えて、0.2銭という狭いスプレッドを提供して下さっていること、そして数pipsの狭い値幅であっても指値注文が可能という仕様で、FX取引環境を提供してくださっており、そのお陰で管理人のメキシコペソ裁量取引は相当有利になりました!


月40万円の不労所得源を作ることができたのもセン短さんの高スワップのお陰です^^/

 
以下のバナー広告から無料口座開設が出来ます↓

FXダイレクトプラス


トレイダーズ証券 Light FXさんも、現在2ヶ月間限定キャンペーン中でスワップが高く現在国内最高レベルかと思います。
ただし、キャンペーン終了後(11/15以降)はみんなのFXと同値までスワップが下がると予想されますので、短期間だけで考えるならトレイダーズ証券Light FXさんもありかなと思います。
現在値よりレートが一定以上離れたところでないと、指値による売買ができない仕様のため、そこが残念に思います。

以下のバナー広告から無料口座開設が出来ます↓

LIGHT FX


◇まとめ◇

◎2019年も残すところあと7週間。今年はしっかり資産を増やして終えることができるように、残りの営業日気を引き締めて臨みたいところ。

◎ステージ1:月40万円の不労所得源を作る という目標を達成することができたため、ステージ2:月80万円の不労所得源を作る(スワップに限定せず)を目標に新たなスタートを切りました。

◎子供じみてはいますが、目先の目標を掲げてそれを達成していくことで最終的な大きな目標をクリアできるよう、戦略やマイルールも改善していきます。

◎運用資産を、「安定運用の<コア>」と「積極運用の<サテライト>」に分け、バランスよく組み合わせながら、FX資産全体の運用効率を引き上げることを目指す投資手法について触れてみました。
自分としても戦略の再確認が出来てよかったです笑

◎現在のメキシコペソ/円レートは約5.67円。自分の基準では保有ポジションをどんどん増やすタイミングではないため、利益確定の機会を伺いつつ、別途、短期売買で差益を得るようなトレードを混ぜたスタンスで臨みます。コアの部分はそのままで、サテライトの部分で上手く利益をあげていきたいですね。

◎米中貿易問題の進展期待を背景にリスク回避からリスク選好に傾いてきています。この流れが継続するかがポイントになりそうです。安全資産への売りが強まるのか、そして高金利通貨が選好されるか注目します。



【現在の運用状況】

○運用期間:64週経過

○証拠金:上図参照


○保有量:MXN 約1000万、他通貨

○スワップ:2,053,451円(累計)

○利確差益:1,316,623円(累計)

○評価損益:5,704,213円(含み益 2,550,100円含)



◇育児覚え書き◇


一人で滑り台降りれるようになって、「スルスルいこー」と公園によく誘われます😅

季節がら、インフルエンザ予防接種1回目受けてきました。予め、インフルエンザ予防で腕にちっくんするんだよと説明と練習しておいたせいか、意外とすぐに泣き止みました^^
IMG_20191116_102425
那覇空港で妻が食べていたものを欲しがり、ソフトクリームデビュー。菓子類は普段食べさせていないのですが、やっぱり甘いもの好きなようですね😋

ではまた \(^o^)。
次の記事でお会いしましょう。


------

当ブログは日本ブログ村の「メキシコペソ」に登録しております。是非ともポチっとお願いします^^m(_ _)m

 にほんブログ村 為替ブログ メキシコペソへ   By  日本ブログ村

-----