【まだロスカットされてないの?】

59top1

(注:記事内の今週とは10/7〜12を指しておりますm(__)m)

こんにちはL(^^)

「裁量+スワップ投資」で月40万円の不労所得を目指す管理人、ジラフです🦒

当ブログでは毎週メキシコペソ/円を中心に取引しているFX運用実績を報告しています。


ご存知の通り、管理人のFXのスタイルの特徴は
①取引のほとんどがメキシコペソ円
②スワップ狙い
③効率を考えた結果裁量トレードも混ぜる
④買いは急落時にまとめて
⑤長期ポジションの大きな利確(建て玉決済)は未だ2回

こんな感じです。何かの参考になれば幸いです😃

第59週の実績詳細を以下の項目にまとめてお伝えしていきますね。
 

全保有通貨の運用実績(累計)

○ 運用実績(週計)  


2019年10月1日、消費税は8%から10%へ引き上げられ、いよいよ消費税率2桁の時代に突入しました。
今までも殆どカードで数買い物をしていましたが、今後も%還元があるだろうキャッシュレス決済を、なるべく使って行こうと思っています。

さて、為替・株価はというと、米中貿易協議の結果、両国が貿易戦争回避で部分的に合意したこと、また英のEU離脱問題でもポジティブな材料が出たため、今週は円安・株高が進行しました。
メキシコペソも、対ドルにおいて強さを発揮し約2ヶ月前の8/2くらいの水準(19.29ペソ)まで反発しました。

管理人は、今週裁量トレードで71,732円を得たほか、お金が淡々と働き 92,614円/週のスワップを稼いでくれました。 (スワップの日額は約13,230円です。)証券会社各社が頑張ってくれているスワップポイントに感謝

現在取り組んでいる「安定して月40万円の不労所得源を構築する仕組み造り」のゴールに対しては、徐々に進展し、進捗率は92%に到達です。


swap_life_count92


「ラットレース」から抜け出すための仕組み作り第一弾が、完成に近づいています。

進捗率の計算の方法はアバウトで、いまのペースで行ったらスワップが月40万円に到達するのはいつか、といった観点で算出しています。成績が不安定な裁量トレードは、進捗率の計算に含めていません。

ラットレースでは経済的な自由が手に入らない

ラットレースとは、頑張って働いても一向に資産が貯まらずお金に振り回され続ける状態が、回し車の中でクルクルと回り続けるネズミに似ていることから、「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏が例えた比喩表現です。

収入に対して支出が多いため、時間を売って働くというラットレースから抜け出すには、資産を作り、不労所得を得ることが必要になってきます。このブログを読んで下さっていらっしゃる方ならお気づきかと思いますが、ラットレースをやっているような状態では、いつになっても経済的な自由は手にすることができません。

自分でビジネスをする、投資をするなどが脱出のステップとされており、管理人は現在、資産を運用することで不労所得を得るための仕組み作りを行っています。


「スワップ運用で、一緒に資産を増やしませんか!?」 

← リスクが伴うため、管理人はこのような無責任な発言は致しません。ただ、結果的に現在はFXに辿り着いてお金に働いてもらっています。

FXの必要は全くありませんが、「所得を増やしてラットレースから抜け出すために、何かしらの不労所得源や、お金に働かせる仕組みつくりを始めてはいかがでしょうか!?」

運用方針とマイルール

◇運用方針
スワップ投資と、短期~中期売買による裁量トレードを組み合わせて資産を運用していきます。これは<守り><攻め>を組み合わせた戦略です。

【守り】 メキシコペソ/円などのスワップ
【攻め】 為替差益・裁量取引(スキャルピング~デイトレ)

なお、目標達成までの進捗率は92%です。

ルール①
「ロスカットされない」、「資金管理をしっかり」やる。

ルール②
レートが急に下落したタイミングなどでまとめて買いポジションを増す。
→先週はこのルールに従ってポジションを増やしました。この建て玉は利確よしスワップ良しのポジションに育ちましたが、現在は保有中です。
Screenshot_20191014_022936



下落時にはどこまで下がるのか分からないという不安要素があり、その中で買い増ししていくのは勇気が必要ですが、最大でどの程度ポジションを増やせるのかを念頭に置いています。

スワップ重視の長期運用のための建玉と、為替差益狙いの短期用建玉に分けて保有しています。

ルール③
目標を達成するために、適宜ルールを見直す。
現在のステージ1「月40万円の不労所得」達成の暁にはステージ2への昇級が待っています。
ステージ2は「月60万円の不労所得」を得ることです。
ステージ3は「月100万円の不労所得」を得ることです。

「スワップ+差益」運用実績 第59週目

◆59週 要旨◆
いつも長めの記事になってしまうので、「記事長いよ!」と仰る方向けに、要旨を一枚のスライドにまとめてみました。端的にまとめると、今週の報告は以下の通りです。

59top2

以上です😆

報告が短かくて良かったよという方は、是非ポチッと応援お願いします(=゚ω゚)人(゚ω゚=) m(__)m↓

-----

当ブログは日本ブログ村に登録しております

  にほんブログ村 為替ブログ メキシコペソへ   By  日本ブログ村

------



管理人が主に利用させて頂いている証券会社は、セントラル短資FX、トレイダーズ証券です。(ヒロセ通商、GMOクリック証券、FOREX.comも利用しています。)

非常に大事な部分なのですが、スワップポイント、スプレッド、取り扱い通貨など幾つかの特徴をもとに選びました。

いま、自分が一社だけを選んでメキシコペソを運用するのであれば、スワップポイントが国内で一番高い、そしてスプレッドが国内で一番狭い、スマホアプリが使いやすいなどの魅力のある”セントトラル短資FX”さん一択かと思います。今後も他社に負けない高スワップ、狭スプレッドを期待しています。

FXダイレクトプラス

セントラル短資FXさんのメキシコペソ円の買いスワップは、今週13円ほどで推移していました。(トレイダーズ証券さんは12円/日でした。)各社スプレッドを0.2銭へと狭くしたり、キャンペーンを行ったりと、頑張ってくれています。

実際にFXで為替売買していくときには、(例えば1口座1通貨など)リスク分散のためにも、各社の強みやキャンペーンを利用させて頂くためにも、複数の証券会社を開設して併用していくのが良いと思います。


管理人が二番目に良く利用しているのは、トレイダーズ証券さん(Light FX及びみんなのFX)です。
選択の理由は、買いスワップが高く、売りと買いでスワップが同等であること、アプリが使いやすいこと、取り扱い通貨数、キャンペーンの内容などが挙げられます。

みんなのFXはミラートレードやバイナリーオプションなど自分には不要な選択肢が付いているので、FXに特化しているLight FXさんを2番目に良く使っています。

LIGHT FX

◎これからFXやメキシコペソへの投資を考えている方へ

リスクを理解せずにFXをはじめたり、資金管理をせずにポジションを増やすことは、結果的に損失を被ります。為替相場に確実なことはありませんので十分な注意が必要。自分を守ることができるのは「資金管理ができる自分」だけです。

◎メキシコペソは対ドルで値動きを見る(USDMXN)のが理想的です。メキシコの地理的要因や、経済的な面からもアメリカ合衆国との関係を重視せねばなりませんので管理人はFOREX.comでMT4を使ってUSDMXNの取引も行っています。

 

◇全保有通貨と運用実績◇ 

#リラレンジャー (Heaven:天色)という自負も一応ありまして、今週はトルコリラ円も数日間保有して、スワップと為替差益を得ることができました。紛争問題がある中、トルコリラへのエントリーは様子見すべきだったかもしれませんね。。。😂

時々ツイートしてる以外に売買の内容は載せていませんが、現在の保有ポジションは以下の通りです。
 

メキシコペソ/円 1,000+αロット
他(ZAR,USD,NZD,etc..)α ロット
LOT58

メキシコペソ1,000ロット全てがスワップ狙いの長期ポジションというわけではなくて、短期的な為替差益狙いのポジションもありますので、保有量は随時変わります。


◆運用成績の全体像◆
下記の表に今週までの運用実績(累計)をまとめました。

ruikei59

運用59週が経過し、保有通貨全体のスワップは累計158万円を突破しています。
また、ブログ開始時から集計している利確差益は累計91万円に達し、「スワップ+差益」は累計250万円になりました。

為替差益が不安定で週差が大きいのですが、徐々にトータルの受取額が増えておりグラフにすると下記のようになります。

totalSwap59


言い換えると、これは今までに不労所得としていくら受け取ったのかを示すグラフです。
運用開始1年1か月ほどで250万円の不労所得を得ることができました。時には含み損の辛い期間もありました(特にこの8月など)が、いつの間にか結構な金額貰っています!

振り返ってみると、資金投入し保有量を増やしたこと(41週目)、そして裁量取引を取り入れたこと(46週目)から不労所得が増えて来たと感じています。

当然その分、リスクは(損失と利益の可能性の意味で)大きくなっていますので資金管理も戦略的に行わねばなりませんが、
サラリーマンが本業をいくら頑張っても、いきなり年収が100万単位で増えることはまず無いと思いますので、やはりリスクを理解した上で資産を運用するということは、とても大事なことだと思います。

賛否ありそうですが、個人的には、複利運用やレバレッジ効かせられるものを組み合わせるのが良いかなと思っています。

「r>g」

この不等号をご存知でしょうか?

rは資本収益率:資本(株式や不動産などの不労所得)から生み出される期待値を含む利益。 
gは経済成長率:働くことで得られる収益・所得です。

フランス経済学者トマ・ピケティ著の『21世紀の資本』が一時話題になりました。同書では、18世紀まで遡ってデータを分析した結果、「r」の資本収益率が年5%程度であるにもかかわらず、「g」は1~2%程度しかなかったと指摘しています。そのため、「r>g」という不等式が成り立ちます。

この不等式が意味することは、資産 (資本r) によって得られる富、つまり資産運用により得られる富は、労働によって得られる富gよりも成長が早いということです。

言い換えれば「裕福な人(資産を持っている人) はより裕福になり、労働でしか富を得られない人は相対的にいつまでも裕福になれない」という事です。

つまり、ラットレースから抜け出すためには、個人はこの不等式の「r」の側に立つ必要があると言えます。


現状に危機感を覚え、行動できるか、否か。違いはまずその点ではないでしょうか。

管理人は、本業の他に自分にお金が入ってくる仕組みを複数作り「ラットレース」から抜け出すことが目標です。
トマ・ピケティ著の『21世紀の資本』は読み応えある一冊ですが、気になった方はよい機会ですので是非手にとってみてくださいね。


◆今週の運用状況◆
「今週(59週)の増減」のみをまとめたものが以下の表になります。

ruikei_tsuki_59

これは管理人の週間の不労所得とその内訳を示しています。

今週の全保有通貨の不労所得は、164,346円でした。
(内訳:メキシコペソ/円のスワップ88,414円、 他スワップ 4,200円、為替差益71,732円)

16万円の不労所得の週入がありましたので、家計はすごく助かりますね。

59週目の運用実績は以下のグラフでご覧いただけます。
soneki59_1

赤色の折れ線グラフが示すように、評価損益はこの1週間で大きく上向きました。青色の建玉含み益も先週の44万円から189万円ほどに増加。評価損益は約420万円を超えている運用状況です。

→いま、メキシコペソ円をすべて決済した場合、189万円の含み益が手に入るので元本のほかに420万円が手元に残りますが、運用は再スタートが必要になります。

→このまま建て玉を保有し続けた場合、1日約13,000円のスワップを受け取ることができます。
(実際にはスワップの変動や為替レート変動に伴う損益の増減が付随します。)

あなたならこの場合どちらを選びますか?

含み益は幻!利確は正義!2~3ヶ月分の含み益があるなら、決済して為替差益を取ったほうが良い!という意見も見かけ、実際その通りだと思っていますが、まだ利確していません。

Screenshot_20191014_005304

急に為替が動いたため、週明けは揉み合いになるかも知れませんね。

以前チャートに引いたフィボナッチラインが今も有効かどうか分かりませんが、仮に有効であるなら、今週は76.4を勢いよく上抜けましたので8/1の下落前水準までレートを戻してもおかしくはない状況では?と考えたりしています。


口座全体の資産状況は以下の通りです。

soneki59_2

メキシコペソの運用で幸運にも現在は利益が出ている状況です。含み損が無い状態で、スワップ貰えるので、自分としては理想的な状態です。

含み損で精神的に辛い期間もありましたが、振り返ってみると、メキシコペソの
長期スワップ投資において利益を出して黒字で運用して行くためには、
①急落時にポジションを増やし取得平均を下げる
②さらに為替差益も得ていく

この二つのエンジンをレバレッジを(少しかけて)回し運用効率を上げて行くことで、この一年は利益を出すことができました。

③更には、高金利通貨のレート下落基調という特徴を踏まえて、高値のポジションは極力処分していく事が必要ではないでしょうか。

上記①②③を組み合わせていく必要があると感じています。

ただし、②為替差益を取りにいく行為はリスクが伴います。他の方々と競ったり比べたりする必要はなく、ゆっくりで良いので自分が利益を出せる方法、自分の勝ちパターンを身につけたいところです。

管理人は、一時的な含み益を得るためだけに運用をしているのではなくて、自分のためにお金を働かせることで継続してお金が入ってくる仕組みを作りたいと考えています。

その仕組みを構築することが、ピケティ氏が唱えた「r>g」のrの側に立つための「解」となると信じています。

自分のような1サラリーマンでも、例えばお金を働かせることで、例えばレバレッジを少しかけることで、必ずラットレースから抜け出す事ができるはずだと考えています。

 

◇過去の運用実績◇ 

この5ヶ月の不労所得の実績をまとめてみました。
各月ごとにどの位の不労所得があったのか、そして累積について図表を作成しています。
(ここで計上しているのは、FX、ウェルスナビ、VIX指数、FTSE100、CFDによる不労所得です。)

jisseki5-9m


確か、
3月は5万円の不労所得を達成して、記事にした覚えがあります。その後、アップダウンはありましたが、5~9月にかけて不労所得は順調に増えてきました。
嬉しいことに、現在は上記の計上項目にトータルで含み損はないので、所得源がFXということを除けば、かなり理想的な運用を出来ていると管理人は考えています。

不労所得が月20万円を超えると、我が家ではお金の流れが 「不労所得 > 家計支出」となります。
blance0

この構図ができそして継続して保てるようになると、家計のやり繰りが劇的に変わります。
実際、6月~9月は
「不労所得 > 家計支出」ですので不労所得 の有難味をまさに実感しているところ。

加えてここに、夫婦の労働収入(給与所得)が加算されますので、家計には更に余裕が生まれてきます。

しかしながらFXは売りと買いが均衡しており、要人のTweet一つで容易に為替が動きトレンドが転換します。資金管理を入念に行いつつ、今後も不労所得の拡大と安定を目指していきます。

実績詳細は以下の記事でご覧いただけます。

egtsuji_midashi9


詳細はこちら
【運用実績】2019年9月の資産運用実績

◇まとめ◇

◎スワップが1日12,000円を超えてきているため(月36万円)我が家は「不労所得>支出」の状態になりつつあり、お金のやり繰りが楽になっている気がしています。
これは、一年前にスワップ運用を始めるときには考えられなかった変化です。
 
◎今まで給与の一部をFX口座に入れていましたが、現在はスワップが入るため入金はやめ、代わりに別な不老所得源構築のために現金を蓄えています。 


自分と家族のためにお金を働かせて、5年後も10年後も継続して自分にお金が入ってくる仕組みを複数構築していきます。

◎お金を貯めるのではなく、「貯まる仕組み」を作って行きましょう!自分が求める結果を出すために行動出来るのは自分だけです。

◎FXでの運用は「仕組みその1」です。 先ずは一つ目の仕組みを完成させたいと思います。元本が少ないうちは、分散投資よりも、選択と集中でいきます。

◎来週は、メキシコペソ円が高値に推移した場合、ポジションの一部または大部分を利確する可能性があります。



【現在の運用状況】


59top2


○運用期間:59週経過

○証拠金:約8,500,000円


○保有量:MXN 約1,000万通貨、他

○スワップ:1,587,849円(累計)

○利確差益:  918,310円(累計)

○評価損益:4,240,107円(含み益 1,899,100円含む)

○月40万円の不労所得まで:あと8%


◇育児雑記◇

保育園でフェスタという名目のイベントがありました。
多数の保護者や参加者の前で、娘なりに頑張った姿をみてとても嬉しく感じました。

健診で歯みがきの磨き残しを指摘されて、妻が気合を入れてしっかりと磨く習慣を覚えさせてくれました。感謝^^/


smr

なんとなく撮った左の一枚が「ペコちゃん」に似てましたので載せておきますw


ではまた!次の記事でお会いしましょう。


最後に。


リスク管理が必要ですのでむやみにFXを薦めることはしていませんが、メキシコペソ/円の運用にはここで挙げた証券会社が良いかと思います。ではでは。

Twitterでは売買やポジション、為替相場について呟いていますので、宜しければフォローお願いします^^/
Twitterはこちらからどうそ→ 

◇前回の運用報告→
→【58週】まだロスカットされてないの?FXメキシコペソスワップ運用の成績は?


【運用実績】【公開】→→2019年8月の資産運用実績