(3/27公開, 一部修正)

まだ中国人民元持ってないの? 月1万円からの人民元スワップ複利運用シミュレーション


こんにちは!
スワップで不労所得月40万円を目指す一児の父「ジラフ」です。

今回も【中国人民元/円(CNH/JPN)スワップ複利運用】について取り上げいきます。
kokki_cj


トレイダーズ証券 みんなのFXでは3月25日より中国人民元/円(CNH/JPN)の取り扱いが始まりました

既に中国人民元/円を取り扱うFX証券会社はありますが、トレイダーズ証券(みんなのFX、LIGHT FX)では10Lotあたりの買いスワップ100円と業界最高水準を提示しており、これを機に売買してみようかな?と思っている方も多いのではないでしょうか?

前回、月2万円を積み立てて行うスワップ複利シミュレーションが好評でしたので、今回は誰でもできそうな月1万円にハードルを下げて中国人民元のスワップ複利運用シミュレーションをご紹介していきます。

実際にいくらの資金で、何Lotの中国人民元を、何年保有したら、将来的にいくらまで増やせるのか?ということを想定したシミュレーションを元にスワップの複利運用を始めることにより、為替レートの急な変動や悪要因に影響されず、計画的な運用を行うことができますよね。

それではいってみましょう! 

「まだ中国人民元持ってないの?」


china_1

今月に入り、トレイダーズ証券(みんなのFX, LIGHT FX)では以下のとおり大々的に宣伝を行っています。


◇中国の格付けと政策金利について◇

中国の格付けや政策金利については前回の記事で詳しく書いておりますのでこちらからご覧ください^^/



◇中国人民元/円、為替の値動きは?◇

これまでの中国人民元/円の為替レートを見てみます。

【月足】
CHNJPN_month
【週足】
CHNJPN_week

月足チャートより、この10年間は安値12円~高値20円で推移し現在16.35円であること、週足チャートから、この5年間は安値15円が意識されていることが分かります。
長期的な視点では、新興国の通貨とは異なり右下がりではないため、スワップと人民元高による差益も狙うことができそうですね。この点は他の通貨にはない魅力のひとつです

◇中国人民元/円スワップ複利運用シミュレーション◇

シミュレーション1 <月1万円積立コース>
シミュレーション1では、毎月1万円を積立て、貯まったスワップを合わせて中国人元/円を買っていきます。手持ちの建玉がないとはじめの一年がかなりスローペースになってしまうため、今回は10万円の資金をもとに中国人民元を2Lot保有した状態から、毎月1万円を積み立てスワップ複利運用を行っていくことにして、まずそのシミュレーション前提条件を設定してみます。
はじめは気になるかと思いますが、長期的には平均化されますので毎月ごとの購入レートは気にしなくて問題ないと思います。
では、ロスカットラインと必要証拠金の計算をしてみましょう。スワップ複利運用は長期戦になりますので、行き当たりばったり投資ではなく予め戦略を立てることが大切です。

◇ロスカットラインをいくらに設定する?

◇ロスカットラインの設定◇
人民元/円の【週足】チャートを見ると、過去5年間では15円が安値のサポートラインとなっていることが分かります。

CHNJPN_week_2

また、今年1月3日のフラッシュ・クラッシュ時でも15.2円程度で反発しています。

このことから、今後も15円がひとつのサポートラインとして強く意識されると予想できるため、シミュレーション上のロスカットラインは15円以下に設定したいと思います。
具体的には、現在値16.35円であることを踏まえ、現在値マイナス 3円 (≒13.3円)に設定することにします。


◇購入に必要な資金はいくら?◇

◇購入に必要な資金◇
・1Lot(1万通貨)を購入するための証拠金は
 10,000(通貨) × 16.35円(現在値)÷ 25(レバレッジ)= 6,540円

・ロスカットラインまで耐えるために必要な資金は、1万通貨ごとに
 10,000(通貨)× 3円 =30,000円であるため、ロスカットラインを意識した運用を行うために1Lotあたり上記合計(6,540+30,000)の36,540円が必要となります。


ロスカットラインと必要証拠金が決まったので、これに基づいてシミュレーション前提条件をまとめると次のようになります。

◇シミュレーション1<月1万円積立コース>の前提条件◇

・口座資金10万円、保有量2Lot(2万通貨)、レバレッジ3.3倍から開始

・スワップは1Lotあたり10円/日(みんなのFX提示条件)で試算

・毎月1万円を積み立てる

・スワップおよび積立金に対して、毎月3,654円ごとに0.1Lotを購入(36,540円で1Lot相当)

・ロスカットラインは13.3円(現在値 ‐ 3円)とする

・為替レートの変動は考慮しない

この前提条件(レバレッジは3~4倍に相当しています)の下でシミュレーションを行ってみます。

いったい、どの程度の運用実績が期待できるのでしょうか。

◇中国人民元/円スワップ複利運用シミュレーション結果◇

実際には為替差益も影響してくるために運用結果がこのようになるとは断言できませんが、中国人民元の政策金利が4.35%ですので、レバレッジを3~4倍相当で運用していくと実質年利13~17%で運用できる計算になり、以下のように積立額とスワップが増えていきます。
ウナギ昇りのすごい増え方ですね。

shimyuration1

レバレッジをかけて長期運用することで、積立額に対してスワップを含めた総資産が指数関数的に増加していくのが分かります。

<月1万円積立コース>経過年数ごとのスワップ、積立累計
経過年 累計スワップ 積立累計 口座残高
1 14,550円 220,000円 234,550円
3 85,440円 460,000円 545,440円
5 223,680円 700,000円 923,680円
10 968,010円1,300,000円  2,268,010円
15 2,563,620円1,900,000円  4,463,620円
20 5,549,790円2,500,000円  8,049,790円

経過年数ごとの推移をみると、たとえば、5年後にはスワップ累計が22万円、10年後には96万円、20年後にはスワップが550万円を超え口座残高は800万円に到達します。
表記は省略していますが、14年目で "累計スワップ>積立額" となっています。

高々月1万円の積立を行いスワップの複利運用を続けることで、大きな運用結果に到達できそうです。仮に月3万円あるいは5万円を積み立てた場合はさらにスワップや最終的な口座残高が増加することになります。

この月1万円からの運用シミュレーション結果を見て、どのように感じますか?
たとえば、国内の銀行(金利0.2%)に月1万円ずつ20年積立を続けても(FXスワップに相当する)利息は4.8万円ほどです。しかし、前述のスワップ複利シミュレーションの場合、20年後のスワップは550万円です。
スワップ複利運用の対象として、中国人民元はひとつの候補として上がってきませんか。

◇中国人民元スワップ複利運用のまとめ◇

シミュレーションの結果、継続して長期で中国人民元をコツコツと積み立てていくことで、将来的におおきな資産を作ることが可能だということがわかりました。

◇中国人民元スワップ複利運用のまとめ◇

・月1万円の積立が20年後に800万円に到達する戦略である
・トレイダーズ証券(みんなのFX、LIGHT FX)の人民元スワップが他社よりも高い
・過去のレート推移からレバレッジ3~4倍程度からでも運用開始が可能
・中国人民元の為替相場はFX初心者でも比較的運用しやすい
・長期の運用で大きな資産を形成できそう
・FXでもシミュレーションと資金管理によってリスクを抑えた運用が可能


筆者は、前述のシミュレーションなどの結果をみて実際に
中国人民元スワップ複利運用を始めたいと考えています。

みなさんはいかがですか?

-----------------------------------------------------------------------
今回の記事はここまでとなります。
2019年3月25日より、レイダーズ証券(みんなのFX, LIGHT FX)では中国人民元の取り扱いが開始されました。単に貯金ではなく、資産運用のひとつとしてスワップ複利運用を始めてみてはいかがでしょうか。

それでは、また。次回の記事でお会いしましょう。

トレイダーズ証券[みんなのFX]
トレイダーズ証券【LIGHT FX】 みんなのFXもLIGHT FXも同じ トレイダーズ証券のサービスですが、高金利通貨の使い分けなどで複数口座を持っていると便利です。(みんなのFXはより上級者向きのサービスあり)

Twitterフォローはこちらからよろしくお願いします^^→ 

「月5万円の不労所得達成」に関する記事はこちら→【資産運用】月5万の不労所得を達成!ここから月10万を目指す!

「ウェルスナビの運用報告」に関する記事はこちら→【運用実績】ウェルスナビ20ヶ月目、どうなった?
-------

最後までお読み頂き感謝です!
みなさんの応援がブログ継続の励みになりますので宜しければポチッとお願いシマス↓。

  にほんブログ村 投資ブログへ  for you By 日本ブログ村