レオスキャピタルのひふみ投信、ひふみプラスが10月に入って急落しました。それまではジョジョに持ち直して来ていたのにッ!
hifumirogo2


この急な下落の理由について今回は調べていきたいと思います。

ひふみプラスは10/1の高値から急落し、10月11日までにマイナス3750円と大幅な下落をみせています。
チャートは以下のとおり。

123short


最近はゆっくり回復傾向をみせていましたので今回の急落には本当にびっくりしますね!

2018年に入ってからひふみに投資を始めた人の多くは、不満と不安の局面かと思われます。

今回、急な基準価額下落があったため、レオス・キャピタルワークス(株)から直近の日米の株価変動に関して臨時レポートが発行されました(2018年10月11日付)。


内容は以下の通りです。


『本日の日本株式市場は、TOPIX がマイナス 62.00 ポイント(-3.52%)、日経平均株価がマイナス 915 円 18 銭(-3.89%)と大幅に下落をしました。このような中でひふみプラスも前日比マイナス 1,649 円(-4.02%)と大きく下落し、お客様にはご心配をおかけしております。


ひふみプラスの基準価額下落にともなう臨時レポートは原則、基準価額が 5%以上下落したときにお出ししています。今回の基準価額の下落はその基準より小さいのですが、昨日からの日米の株価変動について不安を感じていらっしゃるお客様へ、少しでも不安の軽減につながればとわたしたちの考え方を改めてお伝えいたします。』



このような「ひふみプラスの基準価額下落にともなう臨時レポート」は原則、基準価額が 5%以上下落したときに発行されているもので、10/1の高値からの下落幅はマイナス3750円、下落率は約マイナス9%と大幅な下落となっています。


なお、今回のレポートではレオスキャピタルの経済調査室長の三宅氏の視点としてコメントも掲載されています。


経済調査室長コメント要約:

○10月11日の日本株マーケットは前日の米国株が長期金利上昇懸念や、中貿易戦争激化に伴う景気先行き不透感を背景にS&P500種が大幅安になったことが主因。

○今後の日本株に関しては、震源地である米国株の動向が焦点となる。

○なかでも、米国債の利回りが3.5%を突破する動きになのか否かがカギとなる。

○米10年国債利回りが3.5%を上回ってくると、長期債国債の魅力が株式に比べ相対的に増し、株式の魅力が低下する。

○この場合、目先的には日本株の調整色が強まる可能性ありそう。逆に米国金利が落ち着いてくるようならば米国株そし日本株も回復に転じるであろう。

○現状の米国はインフレ率は2%程度で安定しているため、実質長期金利がどんどん上っていくとは考えにくい。

○米国の長期金動向が注目されるが、現時点では、日本株が本格的な弱気相場に向かう転換ではないと推察される。


なるほど、しっかり分析されています。
今回の下落の震源は米国。
今後、米国の長期金動向が注目されるが、現時点では、日本株が本格的な弱気相場に向かう転換ではないだろう、ということがわかりますね。


以下、「ひふみプラスの基準価額下落にともなう臨時レポート」より

『今日の日本株マーケットは大幅に下落となりましたが、大きな要因としては、前日(10月10日)の米国株が長期金利上昇懸念や、中貿易戦争激化に伴う景気先行き不透感を背景にS&P500種が-3.3%の大幅安になったこと(世界的株安)が主因とみられます。

加えて、リスク回避的な流れの中で円高が進展したこと、資金フロー面で株式から国債(安全資産)に資金シフトの流れが生じたことなどが挙げられます。


今後の日本株に関しては、震源地である米国株の動向が焦点とみています。

米国の米国の10年国債利回りがどの程度上昇するか、それとも落ち着いてくるのかがカギとなるでしょう。
なかでも、米国債の利回りが3.5%を突破する動きになのか否かに注目します。


米10年国債利回りが3.5%を上回ってくると、米国の期待インフレ率は(実際インフレ率も)約2%なので、実質長期金利(=10年国債金利-期待インフレ率)が1.5%超になることを示唆しています。

換言すれば米国の長期債国債の魅力が株式に比べ相対的に増し、株式の魅力が低下することを意味します(資金フローはから長期国債にシフトする動きを強めるでしょう)。

この場合には、日本株の大勢気相場との見方に変更はありませんが、目先的には日本株の調整色が強まる可能性ありそうです。逆に米国金利が落ち着いてくるようですと米国株そし日本株も回復に転じみてくるとみています。


株価は企業収益の期待成長率と金利水準(正確には期待収益率が)重要な要素になるので、企業収益の上方位修正期待が高まる局面では名目金利や実質昇に対して、ある程度耐性力がありますが、現状は貿易戦などもあり、業績上方位修正期待は大きくありません。その分、名目金利や実質動向がカギになるとみられます。


米国の実質長期金利が1.5超というのは2008年秋のリーマンショック前あたりの水準です。現状の米国はインフレ率は2%程度で安定していますので普通あれば実質長期金利がどん上っていくとは考えにくいです。

米国の長期金動向が注目されますが、現時点では、日本株が本格的な弱気相場に向かう転換ではないと推察されます。

運用本部 経済調査室長 三宅』



そして運用責任者 藤野英人氏からは

 
『わたしたちは継続的に収益性が高い優良銘柄投資に投資を行なっていますが、このような急落期には過去儲かっている銘柄が大きく売られることが多く、本日は保有株に急落した銘柄が目立ちます。

しかし、市場が落着いて回復期に入れば必ず優良株から急回復しますのでお客様には、ここは信頼していただいて保有頂くことを強くお勧めします。

運用責任者 藤野英人』



今回は、10月初旬のひふみプラスの基準価額下落にともなう臨時レポートの紹介を交えて、レオスキャピタルによる今後の展望をお送りしました。

私の投資スタンスとしては、投資信託というものは数年で評価するものではなく、もっと長期的な視点で任せることですので、今後もひふみの動向をみつつ資金運用に臨みたい考えです。

とはいえ、これまで積み立てた利益が数日で吹き飛んだ今回の下落には、少しショック受けましたね。

なのでここ数日はFXしたり気を紛らわせて回復を待っています。

では、この辺で。

過去のひふみに関する記事はこちら



--- 励みになりますので! ポチッと↓。感謝ですm(__)m

  にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村