赤ちゃんの飛行機ポーズ なぜ?


赤ちゃんの成長ってびっくりする程早いですよね。


この間まで仰向け姿勢で寝てばかり。それが寝がえり覚えたと思ったらもうズリ這い。


健康と成長を願いながらも、かわいい赤ちゃんとゆっくり過ごしたいと思っているのに この前は出来なかったことが、今日はあっさり出来るようになっていてその成長の速さになんだか寂しさを感じる事もある日々です。



こんにちは。資産運用も張り切る一児のパパ、ジラフです。

今回は、我が家の娘が「飛行機ブーン」とか「飛行機ポーズ」といわれる姿勢をとるようになったので、少し調べてみました。たぶん、自分と同じように疑問を抱く親御さんもいるはず!?


個人差はあるようですが、娘は5か月頃から飛行機ポーズをするようになりました。
とても嬉しそうにポーズを取っています^^。

airplane

けっこう長い時間、姿勢を保ってポーズきめてますが、このスーパーマンの姿勢って何か意味があるのでしょうか?


そして何歳(何ヶ月)くらいからこの姿勢をするようになるのでしょうか?


そんな疑問をすっきりさせたいと思って今日は赤ちゃんの飛行機ポーズを取り上げてみます。


飛行機ブーンとも言われてるようですね。


□ 飛行機ポーズはいつ頃から?そしてしないのは何か問題?


そもそも、飛行機ポーズって何?って思う方もいらっしゃるでしょう。


私も娘がこの姿勢を取るまで、飛行機ポーズの事は知りませんでした。

IMG_20180916_232619
(↑約5ヶ月半の娘、飛行機ポーズ)

飛行機ポーズといっているのは、うつ伏せの状態から頭を持ち上げ胸腹部を軸にして両手両足も床から持ちあげそのままバランスを取る姿勢のことです。


スカイダイビング中の姿勢にもよく似ていますね。


だいたい生後5ヵ月ごろからこの姿勢を取るようになるようですが、中には飛行機ポーズを取らない赤ちゃんもいます。

始める時期や、ポーズを取る/取らないに個人差があります。


また、飛行機ポーズ取らないからと言ってそれだけで何か問題という訳ではなさそうです。


ただ、仰向けやうつ伏せ時に明らかに姿勢が歪んでいるような場合は、小児科に相談してみることも必要でしょう。

娘はけっこう上手くバランスを取っていて、左右にグラついたり、どちらかに傾くといった事はなく、手足、首、胸、背中などの筋肉が発育して強くなって来ているのかな?と思って見ていました。

とても嬉しそうにポーズ取っていました。



□ 赤ちゃんの飛行機ポーズにはどのような役割があるのでしょうか?そして、見守るときに気をつける事は?


赤ちゃんが飛行機ポーズを取ることで、実は次の役割があるのです。

1.腕を持ち上げること、動かすことで胸部や背中の筋力が育ちます。

2.両足を持ち上げることで腹部や下肢の筋力が育ちます。

3.両手両足を持ち上げることで、体幹とバランス感覚が育ちます。


つまり、赤ちゃんが飛行機ポーズを取ることで体中の筋力が養われ、ハイハイの時や歩く時のために必要なバランス感覚が養われるのです。

赤ちゃんの体はどんどん発達していますが、飛行機ポーズをする頃は未だ不安定です。


バランスを崩して横に転がった場合など、周りに危険がない安全なスペースを用意しましょう。


まとめ


赤ちゃんが嬉しそうに飛行機ポーズを取っていると、思わず写真を撮ってしまいますよね。


飛行機ポーズをする事で、赤ちゃんは必要な筋力を養っているのです。


ハイハイしたり座ったり、立ったり歩くための準備運動なのです。


しかし未だ、筋力もバランス感覚も未発達です。安全な環境で笑顔で見守ってあげてくださいね。


飛行機やる/やらないには個人差があります。やらないまま育っていく赤ちゃんもいます。


姿勢などで気になることがあれば、小児科で聞いてみましょう。

最後にひとつアドバイス。

この飛行機ポーズをする期間はけっこう短いです。愛らしい姿を記念に写真に収めておくとよい記念になるでしょう。


それでは、ではまた(^^)/。

(約1年5か月の娘↓飛行機ブーンしていた頃が懐かしい😆)

IMG_-pqkl98


月40万の不労所得達成中ですヽ(^o^)丿

資産運用報告はこちらからブログどうぞ「まだロスカットされてないの?」

励みになります!ポチッとm(__)m↓
にほんブログ村 子育てブログへ  にほんブログ村 投資ブログへ にほんブログ村