式市場で資金運用を行っていく上での最適な解は、長い歴史の中で既に答えが出ています。
NYimage

つまりそれは、米国株式S&P500指数やNYダウ連動の投資信託あるいはETFに長期的に投資すること。

もし、どうしても個別株が欲しいならば、指数に組込まれた「好きな銘柄」を購入すれば良い。


お気づきの通り、長期スタンスの場合、日本株だけに投資していてもダメなのです。

これも歴史が証明しています。


少子高齢化と人口減少の進行、イノベーションが生まれ難い経済構造などのマイナス要因が多い日本、

すなわち日本企業を主な投資先にしていたら、おそらくあなたの船は明るい未来へ到達できないでしょう。

dauchart

この30年の株価推移を見てみると、アメリカは過去最高値を都度と更新し続けているため何も考えずに経済成長の波に乗っているだけで誰でも大きく資産を増やすことが可能でした。


にもかかわらず、アメリカ経済は短期的バブルはなく、企業成績が毎年のように伸びている裏付けがあるため同時に株価も伸びているに過ぎないのです。


最近では、ダメ押しのようにトランプ大統領による口撃や巨額減税方針も発射され、強いアメリカ経済がさらに強くそして富を集める方向に舵を切っていることから、今後も米国株が堅調に上昇する可能性はおおいに高いと言えるでしょう。


他方、日経平均は過去最高値を長い期間更新出来ないばかりか、官制相場が作りだした市場でやっと2万円を回復出来たに過ぎない状態です。ハッキリ言って日本経済は脆すぎる状態なのです。


そして、新陳代謝という脱皮が一向に進まないイノベーション後進国という事実が浮き彫りになり問題視されるとともに、この官製経済が全力をあげて作り出した大きな弊害は今後の暗い影となっていくことが避けられない状況です。


数十年前にさかのぼり世界時価総額ランキングを眺めると、アメリカ企業は常に革新的な技術とイノベーションという新陳代謝を繰り返し、今も昔も上位多くを独めています。


ベンチャー企業が短期で世界的企業に発展出来る事実からも、アメリカは常に実力主義でありかつ自由な国なのです。


日本はベンチャーが育ち盛り上がる気配は殆ど無く、この30年あまりで国を代表する企業まで成長出来た試しが殆どありません。


国際調査機関GEMによると、先進国の中でも日本の起業活動率は最低であることが判明しています。


しかもこれは、一過性のものではないのです。


調査開始以来この結果は変りなく、毎年日本は最低ランクのまま推移しているのが事実なのです。


かつて、経済産業省のエリート官僚は、「日本は起業家の社会的地位が低いが、もっと起業家を尊敬すべだき」とベンチャーの活性化に一喝を入れます。しかしながら、そもそも日本では官庁を頂点としたピラミッド型の社会構造そのものがベンチャー企業を排除しているのでです。

官庁や大物政治家にコネがある少数の大企業だけが美味しい蜜を啜るゆるい「官製経済」は、この先も変わることは無さそうです。


そんな大企業は新しい改革もイノベーションも起こせないまま、欧州、米国、中国に先を越されて、このままでは日本経済に未来はありません。(逆にいうと、これらを打破して成長する企業だけが大きな希望となり得るともいえるでしょう。)


そんな日本株中心に投資していても、いつの日か来たるであろう日本経済の陥落とともに、あなたの資産も埋もれて沈む可能性は高いでしょう。


そのため、株式投資をするならば日本の市場にだけ集中的に投資していてはNGで、もっと海外に目を向ける必要があるのです。


とりわけ、様々な経済学的観点から評価しても、アメリカ経済は他国が追従できないほどの力強さを維持していますので、ポートフォリオには米国株式を組込むことが必須といえるでしょう。

rakutenkabu

株式投資の最適解は「米国経済に連動するS&P500やNYダウへの投資」であり、「永続的に保持し積み立てていく」こと。


つまり、最適な投資先は、S&P500やダウ連動インデックス投資なのです。

励みになります!ポチっと感謝↓

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村